つくりものがたり

kobotan.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 11日

柴草玲を知ってしまった!



インターネットの捨てがたいところは、まったくひょんなことからあーっと思うような人や歌に出会えるところだ。
映画学校をやっている友人のT君がFBで紹介していた新作DVD「不惑のアダージョ」というのがあって、なんとはなしにAmazonのそのページを見てたら、
主演しているのがシンガーソングライターの柴草玲というひとだと書いてあり、またなんとはなしにyoutubeでその予告編を見てみたら、
さして美しくはないそのかたがシスターの役で出ており、やっぱり存在感があったんだろう、気になってyoutubeでそのかたのうたを探してみたらあったので聴いてみたんだ。

「川辺」というそのうたを、数小節ぼくは聴いただけでぐっときてしまった。あっ、なんだなんだ、すごい、なにこのひと、すごいすごい・・・
というわけで、YTにある歌のほとんどを聴き、(そんなにないけど) すべてのうたにまいってしまった。聴き惚れて、こころ打たれました。いま、完全にはまっています。
このひとが、10年も前から、こんなすごい歌を歌っていたなんて。浜田真理子を知った時以上のものがある。
それを自分は10年も知らなかったなんて!

このひとのうたには、それぞれに一本の映画が詰まっている。
このひとはたぶん、身を切り裂くような孤独を知っている。
マザーテレサの言うように、孤独と愛は同じ場所にあるとするなら、このひとのうたは、愛に満ちている。
このひとの音楽は広く深く、このひとのことばは深く広い。

さっそく「うつせみソナタ」注文した。
このひとのうた、全部聴くだろうと思う。



[PR]

by kobo-tan | 2012-09-11 02:42 | 音楽 | Comments(0)


<< 椅子に荷物置きをつくる。      カレー屋さん「胡心房」の取り付け >>