つくりものがたり

kobotan.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 08日

久里浜のフレンチレストラン、ビストロ ジェファン



去年の12月、ストレートワークスの生涯デザイナー、勝野明正さん設計のフレンチレストランのカウンターやテーブル、什器などを手掛けました。
京急久里浜駅東口を出てすぐの路地にある、ビストロ ジェファンというお店。


d0169209_23414457.jpg


d0169209_2343011.jpg


d0169209_23442697.jpg


店内はこんな感じ。
タイルや壁紙の「白」と、什器、建具、テーブルの脚などの「黒」、それに、カウンターやテーブル、天上のルーバーなどの「茶」の三色が程良く配置されていて、なかなかにスタイリッシュ。いつもはデザイナーと言うよりも、そのエネルギッシュな仕事ぶりから、現場監督さんのイメージのほうが強い勝野さんだけど、こうやって出来上がったお店を見せてもらうと、ああ、やっぱりデザイナーだったんだ、と再認識いたします。


d0169209_23552783.jpg


この大きなカウンターが大変だった…
奥行き600mm、総長さ4500mm、厚みが50mmもあるのです。材料はビーチ(ブナ)材。堅くて重い。二分割ジョイントですが、半分の2250mmでも、とても一人では抱えられない。工場での仕上げの作業は須藤くんに来てもらって二人でやりました。


d0169209_025741.jpg

d0169209_034536.jpg


テーブルもビーチ材。
今回のメイン材料は、アットホームな洋食屋さんというイメージから、なるべく赤味のある暖かい感じの木でということで、この材にしました。テーブルには、ワトコオイルのミディアムウォ―ルナットを塗って古びを出した感じに。


d0169209_929792.jpg

下の小さな丸板でちょうどいい高さになるよう調節しています。
この堅くて分厚いビーチ材を円にくり抜くのはたいへんだった!

d0169209_0133115.jpg

カウンターの下には重いビーチ材を支える役割もある黒い小物入れボックス。

d0169209_932440.jpg

カトラリーボックスとウェスタンドア(自在扉)の「黒」

d0169209_016842.jpg

ホワイトアッシュ材のワイングラス棚。

d0169209_0181798.jpg

レッドシダー材で扉を作った食器棚。

d0169209_0203341.jpg

玄関ドアもビーチ材で。

d0169209_021289.jpg

真鍮のフランス丁番。

d0169209_0222718.jpg

サッシ枠も全てビーチ材を削って作り、現場大工さんに取り付けてもらいました。

d0169209_0264524.jpg

駅のほうから来ると、赤く愛らしい、「bistro Jai Faim」と書かれた丸い看板が目印です。
[PR]

by kobo-tan | 2015-01-08 00:35 | 製作例 | Comments(6)
Commented at 2015-01-09 07:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-01-09 10:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ゆぅちゃん at 2015-02-19 10:23 x
住所、電話番号、地図等があれば嬉しいブログですね。
Commented by kobo-tan at 2015-02-19 12:41
設計士さんにその情報全て送ってもらって掲載します。
しばらくお待ちください。
Commented by asacocotarou at 2016-01-29 09:08 x
友人の友人の口コミで昨年梅雨にランチに行きました。雨なのに予約でいっぱいになってました。久しぶりにディナーに明日行きます。 兄弟でされてることは最近しりました。ご夫婦だと思ってました。ハキハキした方です。久里浜でこんなにオシャレな店初めてだと思います。次は近いうちに他の仲間と遅めの新年会で利用しますオシャレな店を作ってくださりありがとうございました。
Commented by kobo-tan at 2016-01-31 00:16
ありがとうございます。どうぞ御贔屓にしてあげてください。


<< コーヒーサーバー!      ウォ―ルナットのコーヒーサーバ... >>