つくりものがたり

kobotan.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 29日

本にしてくれてありがとう





寺山修司からの手紙

d0169209_164463.jpg





美しい本だ。



9/15に岩波から出ていたのを10/6にたまたまAmazonで見つけ、迷いなく購入して封を切らずにおいてあったのを今日開けてみた。
奇蹟のような本。
これは田中未知さんの功績。
たぶん舌なめずりするように、1日1通くらいずつ読むと思う。
情報としての読書じゃない。消費としての読書じゃないもの。
読み終えるのがもったいないもったいない。


思潮社から出ていた「われに五月を」という寺山の本の中に、「森での宿題」という早大時代の寺山の日記を並べたパートがあって、そこに頻繁に出てくる山田太一との手紙のやりとりに感銘を受けた。それは20代の頃だったけど、またそれを思い出し読みたくなって、20年以上たってからAmazonで買ってまた読んだりしていた。


まさか書簡集が出るとは思わなかった。
よくぞ本にしてくれた。
田中未知さんにお礼を言いたい。
岩波らしい実直素朴な編集がまたいい。
辞書みたいに(凡例)なんかがついてるのもいい。
二人の葉書の実物大のコピーなんかが入ってるのだ。
あーもったいないもったいない。
[PR]

by kobo-tan | 2015-10-29 16:48 | | Comments(0)


<< ナラのテーブルを納品に。      あなたの舞台はありますか? >>