つくりものがたり

kobotan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 7 )


2013年 11月 19日

大きな本棚、製作日誌 2



11月9日 <ダボ穴あけと実験>

d0169209_15191667.jpg

上下、2種類の面が6面ずつあるので、ベニヤで型板をつくる。
左右の裏と表を間違えないようにして、ひたすら穴を開ける。

d0169209_15195488.jpg

穴を開けたら、ニッケルメッキの9ミリダボを打ちこんでゆく。


d0169209_15292480.jpg
d0169209_15292577.jpg

5年ぶりに使うLampのドロップ丁番を、ランバーに取り付けて、開き方や調整の具合を確かめてみる。


d0169209_1532917.jpg

確認できたら本番。中段の40厚みの棚口に6つの丁番穴を掘り込む。
[PR]

by kobo-tan | 2013-11-19 15:36 | Comments(0)
2011年 07月 12日

ドレッサー改良

d0169209_17321068.jpg

d0169209_17323281.jpg

フリーストップステーを、小型のソフトダウンステーに交換。

d0169209_17325444.jpg

蓋もゆっくりしまり、

d0169209_173454.jpg

中も干渉しません。
[PR]

by kobo-tan | 2011-07-12 17:35 | Comments(0)
2011年 05月 21日

アメリカンチェリー : 吊り戸棚とデスク

4月にF.H.I.さんの依頼でつくった吊り戸棚とデスクが注文された方のお宅に無事納められました。
d0169209_22345435.jpg

d0169209_22353669.jpg


今、書店で発売中のインテリア雑誌、「I'm home」7月号に去年9月にやった千鳥ヶ淵のマンションリフォームの写真が6ページほど掲載されているらしいです。見る機会がありましたらどうぞ。
オレフィンシート貼りの合板でつくった家具です。
[PR]

by kobo-tan | 2011-05-21 22:44 | Comments(0)
2010年 07月 08日

ゴーヤ



d0169209_9304664.jpg

夏恒例のゴーヤ(まだ2年目ですが)がだいぶ伸びてきました。


d0169209_9334557.jpg

去年、ゴーヤがなりすぎて困ったので、今年は西洋アサガオと沖縄ヘチマをまぜました。
沖縄ヘチマはぐんぐん伸びましたが、すぐ頂上まで到達してあまり横に広がってくれないのが気がかり。

d0169209_9391110.jpg

これは、今年2本目。初物はおとといいただきました。
[PR]

by kobo-tan | 2010-07-08 09:42 | Comments(0)
2010年 06月 28日

マナ オルゲルバウ


d0169209_1854656.jpg

平塚職業訓練校木工コースの級友で、こちらが忙しい週末などに手伝いをお願いしたりしている
得難い友人の高橋君が勤めるパイプオルガン工房 マナ オルゲルバウ
彼が製作にかかわった十数年の中でも最大級のパイプオルガンを仮組中とのことで、
きのうの日曜日、家族で見学させていただきました。

d0169209_19112676.jpg

いや、大きいです。

6mほどもある工房の天井にもつっかえるので、最上部は仮組できず、現場で本番だそうです。
間口も6m、奥行きも2m以上あったでしょうか。

d0169209_19352549.jpg

これを作るのにいったい何枚の図面がいるのでしょう。
この複雑さ
この精巧さ
5人の職人さんが10か月がかりで製作にあたり、8月に神戸の教会に、10日以上かけて現場組み立てし、納めるそうです。

上の写真は、高橋君が作った本体右側内部の重要部分で、いろいろと説明してもらったのですが、ぼくら素人にはよくわかりません。
しかし、そのたいへんさだけはよくわかる。


d0169209_1957855.jpg








裏側から見た「中層部」










d0169209_2004378.jpg







裏側から見た「上層部」
現場でこの上にさらに木のやぐらがのっかるとのこと










d0169209_2051037.jpg






鍵盤部分はドイツからの輸入品で、それぞれから出ている細い金属の線を
この工房でつくった細い木の部分(青い所から上)につなぐのだそう。

すごすぎる。









d0169209_20175689.jpg

いや、素晴らしいものを見せていただきました。

大きなホールの巨大なパイプオルガンは、ドイツなどの会社が受注する場合がほとんどらしいですが、
このマナ オルゲルバウは、いまや中堅クラスのパイプオルガンを新規で作っている日本で唯一の工房だということです。
ちなみに、このオルガンは小さめの家2.5軒分ほどのお値段ということでした。
圧倒されて、高橋君に写真に入ってもらうのを忘れてしまいました。
高橋君、ごめんなさい。
[PR]

by kobo-tan | 2010-06-28 20:26 | Comments(0)
2010年 06月 05日

キノウノツヅキ

d0169209_23584274.jpg
体調が良くなるからと九州の父親が老婆心から送ってくれたキューピーゴールド
d0169209_034477.jpg
3年でやっとここまで減ったけどまだウチに1本ある
d0169209_0251894.jpg
んーと、どれがどれだっけか、1日たつとわからない
d0169209_0282545.jpg
名前をつけて整理する
d0169209_032233.jpg
算数は必須。計算→確認→計算→確認→やってみる
d0169209_0415938.jpg
けっこう危険なこともやんなきゃなんない
d0169209_0442691.jpg
溝をつくと位置が決まるししっかりする
d0169209_0465974.jpg
ホゾを突きます。
d0169209_0535160.jpg
すっと入るくらいに調整しておいて
d0169209_0503711.jpg
ほぞ取り盤でいっきに加工
d0169209_0555577.jpg

d0169209_0563318.jpg

d0169209_0575857.jpg
休憩。
日本国憲法を読む。
改憲だ護憲だと世の中喧しいが、いったい憲法ってなに?
憲法なんて一度でも読んだことあったっけか
d0169209_13336.jpg
で、
つらつら読んで9条のところへくると
なんかウルっとなるのはなぜ?
それはたぶん
亡くなった何百万という人たちがこれを書かせたという気がするから。

憲法の文章は熱い。
とくに前文と9条から40条までは思いにあふれている。
たぶん誰が読んでも
断固とした決意と覚悟を感じると思う。
曰く
「この憲法が国民に保障する自由および権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない。」
曰く
「何人も、・・・・・平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。」
曰く
「何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。」
まだまだいっぱい。

ボクはこれらの文を前にして襟を正す。
憲法を変えるとはどういうことですか。

d0169209_1175198.jpg
これも余談だけど
テーブルの脚の部材にちょこっと入り皮があるんです。
まあホクロみたいなものです。
完璧主義の人だとこういうのははずす。
神経質なお客さんだったりするとクレームが来たりする。
ボクもまあ天板だったらえんぴつやボールペンが刺さっちゃう可能性があるのでよけます。
でも脚なら問題ないじゃん。
木だもの自然のものだもの黒かったり白かったり節あったりいろいろですよ。
こういうのすべて捨ててたら捨てるとこだらけになっちまう。
ホクロがあるからといってひとは差別しないじゃない。
ホクロあるからいいんじゃん。
d0169209_1452562.jpg
もうひとふんばり。
ビスケットジョイント通称ラメロの加工をします。
d0169209_1471277.jpg
ビスケットみたいなもんを穴に入れてボンドで接着します。

きょうはここまで。
[PR]

by kobo-tan | 2010-06-05 22:01 | Comments(0)
2010年 06月 04日

ドキュメントっぽく

d0169209_20524115.jpg

今日は、居酒屋さんのテーブルの天版を仕上げ中。 ナラです。
重いので比重計算してみた。  0.77×1.45×0.029×1000×0.68=22.017・・(kg)
コンナモンか。

d0169209_20413473.jpg

でも手袋をしないと手が切れるんです。  おくに見える

d0169209_2046326.jpg

これ、エアーの減圧器。通販で破格に安かったので買ったものの結局安物買いの銭失いで

d0169209_21171383.jpg

仕事の1/3はそうじ

d0169209_21291512.jpg

そろそろ窓閉めないとヤモリが入ってくる

d0169209_20573659.jpg


d0169209_21121789.jpg

またあした
[PR]

by kobo-tan | 2010-06-04 21:37 | Comments(0)