つくりものがたり

kobotan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:minimal thing( 16 )


2015年 01月 08日

コーヒーサーバー!





森さんからのメール。

「師匠、取り付けました!
 ボルトを新調して切り落としたり長さ調整に難儀しました。
 やっぱり手づくりはよろしいですなあ!!!
 一生物ですね、ありがとう。」



d0169209_15262498.jpg



d0169209_15265190.jpg

[PR]

by kobo-tan | 2015-01-08 15:28 | minimal thing | Comments(2)
2015年 01月 05日

ウォ―ルナットのコーヒーサーバーの取っ手


皆様、あけましておめでとうございます。


昨年は秋口から仕事がダダだっと重なり、なかなかブログ更新する余裕がなくて、FBにはちょこちょこ写真載せたりしましたが、
ブログのほうはちょっとサボってしまいました。こっちのほうをたびたび開いてくださった方、ごめんなさい。
またいろんなこと載せていこうと思いますので、よろしくお願いします。


ということで、今日は小さくてかわいいもの。
鎌倉の設計士の森さんからのリクエストで拵えた、コーヒーサーバ―の取っ手。

d0169209_1363345.jpg


ウォ―ルナットです。
これ、作ったのはぼくではなくて、木工旋盤を持ってる須藤くんに作ってもらいました。ぼくは旋盤持ってないので。

d0169209_14153.jpg


やっぱりこれをきれいに作るには、旋盤がないと無理。真中が膨らんでるしね。
しかもセンターに6Φの穴が貫通してる。長さは150mmあるのでけっこう難しいです。

d0169209_1454147.jpg


オイル塗って濡れ色になったらけっこういい感じになるでしょうね。なのでその楽しみは森さんに差し上げることにして、
これは無塗装で届けます。明後日、鎌倉に行く用事があるので、森さん、そのときに。
[PR]

by kobo-tan | 2015-01-05 01:47 | minimal thing | Comments(2)
2014年 08月 12日

水銀灯




工場の照明、水銀灯4灯のうち2灯が切れてしまったので、電気屋さんに来ていただいて交換してもらいました。

d0169209_151894.jpg
d0169209_151199.jpg
d0169209_1512760.jpg

工場の天井高は6m近くあります。
ぼくも、エアのコードリールを天井の鉄骨に取り付けたことがあるので、この作業がいかに命がけか承知しています。
しかし若い電気屋さんは、しっかりした2段梯子を使ってよどみなくはずしては付け、はずしては付けを繰り返している。
さすがです。頼んでよかった。

d0169209_15125519.jpg

こんなです。

d0169209_15131089.jpg

こんなですよ!


d0169209_15172017.jpg

これが300Wの水銀灯。高いです。でも約10年持ちました。時間にして、3万時間は超えてると思う。
300Wだから4灯で1.2KWh。電気代にして、1時間当たり、24円から36円くらい。(使用量によって3段階の計算があるため)
まあ、蛍光灯よりは高いけど、明るいし、一度換えれば10年世話なし。けっこう優れモノのような気もする。
生き残っていた2灯も切れるのは時間の問題なので、いっきに4発すべて交換でしめて税込¥26.784-。


d0169209_15314127.jpg

あー、久しぶりの4灯揃い踏み。明るい!
[PR]

by kobo-tan | 2014-08-12 15:35 | minimal thing | Comments(0)
2013年 04月 29日

工房丹特製 無垢材スタンド



友人の建築士、鎌倉の森さんが東京で営業(宣伝告知と建築相談)するということで、その宣伝パネルを立てる無垢材スタンドを、ちょちょっとつくりました。

d0169209_040496.jpg


写真は照明の具合で色の感じがすこしつかみづらいですけど、さてどれがどれかわかるかなあ?

   ウォールナット  メープル  紀州スギ  ベイマツ  アフリカンマホガニー  ナラ

の、6種類です。


d0169209_049318.jpg


d0169209_0504699.jpg


d0169209_0501446.jpg


こうやって、使います。
[PR]

by kobo-tan | 2013-04-29 00:52 | minimal thing | Comments(0)
2013年 03月 02日

接合の方法



パネルとパネルを留める時、化粧面でビスが揉めない場合にやるやり方。

d0169209_215534.jpg


ふつう、留める方のパネルの真上からビスで留めるわけだけどそれができないとき、

d0169209_234090.jpg


留められる方のパネルの下から斜めにビスをもんで留めるやり方がひとつ。「忍び」のビスと言ったりするけど、
ビスを斜めに揉むのはけっこう難しいので、ポケットホールというジグがある。

d0169209_28104.jpg


専用のドリルビットで最適の角度をつけて下穴を開けるもの。これはビスもよく効くし、なかなかのすぐれもの。
ホームセンターや、DIYのネットショップなんかで売っている。



d0169209_213345.jpg


こちらは、留めたいパネルの小口に溝をついて、クリップという金物を仕込んでおき、相手の方にスクリュービスをもんで、
その頭にひっかけて留める。 通称「カチット」というやりかた。これもよく効くので、しばしば使ってるやり方。
難点は、クリップとスクリュービスの値段が安くないこと。調子に乗って使っていると、金物代がけっこうかかってしまう。
[PR]

by kobo-tan | 2013-03-02 02:24 | minimal thing | Comments(0)
2012年 11月 09日

カーロック



d0169209_15412899.jpg






汽車の窓。

初めて見る窓の外の風景に
こんなふうにこころ躍らせたときもあった。





d0169209_15483015.jpg










汽車の窓には、こんな金具がついていて、
指で挟んで上に引っぱり上げて風を入れた。





d0169209_15561891.jpg




今回、リビングとキッチンの間の開口部の上げ下げ窓に使う金物。
これ、カーロックというそうです。
さんざんネットで探して、BESTというメーカーからひとつだけ出ていたのを見つけた。

いまでも新幹線以外の電車の窓には使われているんだろうけど、
なんかノスタルジック。

ノスタルジック上げ下げ窓。
[PR]

by kobo-tan | 2012-11-09 16:05 | minimal thing | Comments(0)
2012年 09月 26日

ハニカムコア



d0169209_1423251.jpg


これはいったいなにかというと・・・・・

d0169209_1434430.jpg


ズームダウンするとこうなっていて・・・・

d0169209_1442930.jpg


建具や、家具のなかに仕込む、ハニカムコア、というやつです。

ま、基本からお話しすると、家具というのは、工房系のほとんど無垢材でこさえる家具や、無垢の框でつくる建具なんかをのぞいて、
フラッシュ構造といって、芯材で枠をつくり、合板を貼りつけてパネルにする中空芯構造でできています。
家具をノックすると、コンコンと乾いた音がするのは芯があるとこで、芯がないとこは、ポンポン、とかべコベコとか、間抜けな音がするあれです。

以前、アメリカとスイスで家具の仕事をしたことがある日系ブラジル人の家具職人の友達に聞いたことがあるんですが、
家具パネルのなかを中空にするのは日本だけなんですって。アメリカでもヨーロッパでも、無垢だけじゃなく、突き板やメラミンで仕上げる時も、
ベタ芯といって、パネルのなかを合板やなんかで敷き詰めるんですって。
それじゃあ、重くなってたいへんなんじゃないの?って言ったら、家具は重いもんだってみんな思ってるから問題ない、んだって。
だから、中空芯構造のつくり方が発達したのはこの日本なので、しかもこのハニカムコア、というやつはなかなかのすぐれもので、
ま、はじめから厚みが決まってこのかたちになってるものやいろいろ種類はあるんだけど、ともかくボール紙でできてて、ベタ芯と同程度の強度を
もち、(たぶん象が乗ってもつぶれない!) 軽いので、棚なんかに使った場合、自重で垂れてくるということもありません。
これはなかなかに、すごい発明です。

d0169209_14315253.png


僕の使ってるタイプは芯と同じ厚みに割いたものを・・・

d0169209_1435286.jpg


こうやって広げていって枠の中いっぱいに広げるわけです。

d0169209_14371362.jpg


それに、こうやって、酢ビ系ボンドをたっぷり塗って、両面に表面材の合板を貼りつけて・・・・

d0169209_14391783.jpg


プレスしてできるというわけです。
[PR]

by kobo-tan | 2012-09-26 14:42 | minimal thing | Comments(0)
2012年 07月 28日

樹の栞

d0169209_1740262.jpg



本好きの方へ

樹の栞、つくりました。 厚みは0.5mmくらいなのでかさばりません。
樹種は、カバ・ウォールナット・アフリカンマホガニー・ホワイトアッシュの4種類です。 どれがどれかわかりますか?
欲しい方にはお分けします。 
よさそうなのを見つけたら、樹種はまた増えるかもしれません。
欲しい方が多数の場合は、(まず、そんなことはないでしょうが・・・) 少し待っていただくかもしれません。 あしからず。


(寸法は、縦100mm、横20mm)
[PR]

by kobo-tan | 2012-07-28 17:57 | minimal thing | Comments(0)
2011年 12月 20日

穴を空けるのはたいへんなんです

d0169209_23185283.jpg

自家製コンパス式穴あけ機

d0169209_2320476.jpg

必要な半径の中心にビスを刺して1回転する。
ビットの出を少しずつ深くしながら、2~3回繰り返す。

d0169209_23233688.jpg

最後はトリマーに代えて、落とす。
粉がいっぱい出るし、むせるし、たいへん。
[PR]

by kobo-tan | 2011-12-20 23:28 | minimal thing | Comments(0)
2011年 09月 24日

埋め木


d0169209_20395675.jpg


材の角に死節(しにぶし・・少しの衝撃でも取れやすくなっている節)がでて、削りの途中で取れてしまったので、埋め木をする。
欠けてくぼんだかたちに合うように削った同じベイマツの丸棒を、瞬間接着剤ではなかなかつかなかったので、ウルトラ多用途という汎用接着剤でくっつけて、しばらくテープで圧着した。

d0169209_20435722.jpg


材に沿ってノコを動かし、そろそろと切ってゆく。

d0169209_20521167.jpg


もう一方も切ってゆく。

d0169209_2053278.jpg


埋め木の木目をまわりに合わせるのがこころ遣いといえばこころ遣い。
[PR]

by kobo-tan | 2011-09-24 20:57 | minimal thing | Comments(0)