つくりものがたり

kobotan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:製作例( 111 )


2016年 04月 28日

島什器




壁などに固定されるものではなく、お店の空間の中に置かれて、前後左右上面すべてが見える什器を「島什器」と言ったりします。
壁にくっついていないキッチンをアイランドキッチンというのと同じ。
下面以外はすべて化粧面で、ビスなど見えてはいけないので、相応に手間がかかります。
これは、平塚美術館の中にあるパン屋さんの、商品を載せる什器です。

d0169209_19101795.jpg


d0169209_19104741.jpg

下にキャスターがついていて動かせます。

d0169209_19172367.jpg

タモの突き板に、サンメントという什器でよく使う飾り面を嵌めこんでいく作りです。

d0169209_19195452.jpg

このサンメントを額縁のように嵌めこんでいくのですが、45度の留め先のところに隙間があいてしまうとカッコ悪いので、
慎重に長さを切って行き、きつめに嵌る長さで止め、まず短い方を嵌めて、次に長い方を少したわませながら、
ギュっとはめ込むのがコツ。

しかし今回のは幅45mm、高さ21mmというけっこう大きなものだったので、接着をどうするかで手間取ってしまった。
大きくなると、切り口の小口面積が大きく、横の材との接触面が大きくなるので、きつめだとなかなか入りにくく、
ハネムーンボンドを使ったり、瞬間接着剤を点付けしたりしましたが、はじめに入れた材がすぐ固定されてよけいに後の材がはまりにくくなるので、
最後は普通の白ボンドを点付けしてぎゅっと嵌めてしばらく放置。これがいちばん早かった。
個別の条件に合った、最適の方法を見つけるのはむずかしいものです。


d0169209_19395658.jpg

周囲ぐるぐる化粧なので、側面と背面との2か所の角は今回「ヒモを回す」というやりかたで納めました。

突き板が横目使いでもあり、無理して突き板同士の留め加工にすると、角先が極端に弱くなり、何か当たるとすぐ破損する。
かといって、下地のラワンが見えるのでペーパーで丸めることもできません。
こういうときは突き板と同じ厚みの、2.5mm角の細いタモ無垢材を瞬間接着剤で角に埋め込みます。
無垢材と突き板が完全にツラになるまで調えてから、無垢材の角を1.5~2アールくらいに面取りします。


d0169209_19523847.jpg

天板のすべての角も、1.5アールくらいに面を取って、ぶつかっても危なくなく、どこを触っても手に馴染みのあるような仕上げをして完成です。
[PR]

by kobo-tan | 2016-04-28 19:57 | 製作例 | Comments(0)
2015年 12月 30日

ナラのテーブルを納品に。




昨日12月29日は、ナラのテーブルを東京・田端のTさんのお宅へ納品に。


d0169209_1273070.jpg



陽が燦々と降り注ぐ2階のリビングに置きました。
こんなに明るくて温かな場所の真中に置かれて、このテーブルも本望です。

d0169209_1293788.jpg


脚は前回のクリテーブルと同じ八角形ストレートの73mm角ナラの一本ものの4本脚。
短辺にも座れるようにほぼ四隅ぎりぎりに取り付けた。
構造設計専門の設計士さんでもあるTさんに、思ったよりもかなりしっかりしてますねと言っていただいた。


d0169209_1214154.jpg


こんなに陽があたって、温まって上側が伸びて反るかしら。
それとも、上側が乾燥して反対側に反るかなぁ。
いまが気持ち上反り気味になってるので、まあ垂れることはないだろう。
それに30mm厚みの天板のこの重さだから、がたつくこともまずないでしょう。
時間がたつごとに、陽に焼けて、まだ白っぽい天板の色が飴色に染まってくることだろう。

ご自分でも木でいろんなものをつくったりされるTさん。
2時間も長居をしていろんな話をさせていただきありがとうございました。

帰りは20代の頃に住んでいたあたり、目白通りから新目白通り、山手通りを通って帰ってきました。
ほぼ30年ぶりに通る目白通りは、何もかもすっかり変わっていて、初めて通る道のようでした。
あの頃住んでいた南長崎のアパートから目白駅までの約30分の道のりを、いろんな思いを抱えて歩いたのでしたが、
目に触れるものはすべて移り変わり、残るのは思い出のなかだけです。

ああしかし、車で行けども行けども街、また街。東京はどうしてこんなに大きいのだろう。
そこにこれでもかというくらい、たくさんの人、また人です。
常に新陳代謝を繰り返して、東京という大都会は生き延びているようです。
そこにもひとりひとりの、そして一千万の暮らしがあります。
[PR]

by kobo-tan | 2015-12-30 12:36 | 製作例 | Comments(0)
2015年 10月 20日

クリテーブル納品




d0169209_1725144.jpg


10月初めに納品したクリの4本脚テーブル。
天板裏にビス穴の開いた座金を取り付けて、脚をくるくる回しながら固定するタイプです。
胡坐でも座れる座卓にもしたいということで、脚を取り換えられるように、このやり方にしました。
短い脚を4本つけての納品です。


d0169209_17295226.jpg


d0169209_1730495.jpg


d0169209_17301231.jpg

[PR]

by kobo-tan | 2015-10-20 17:30 | 製作例 | Comments(0)
2015年 10月 20日

板脚テーブルの納品




8月の終わりにつくった板脚テーブルの納品時の写真。


d0169209_17121162.jpg



d0169209_17124591.jpg



d0169209_1713230.jpg



d0169209_17134332.jpg


座るとこんな感じです。
設計の森さんと施主さん。
[PR]

by kobo-tan | 2015-10-20 17:14 | 製作例 | Comments(0)
2015年 10月 20日

コックピットテーブル取付




d0169209_16501411.jpg



d0169209_16514550.jpg



d0169209_16525531.jpg



d0169209_16531243.jpg


島津さん、写真お借りしました。
折り畳みテーブルを開くのは停船時だけと言っていたので、航海時はこんなふうに手を掛けるための台みたいになって、
大きさも邪魔にもならず、いい感じかなと思った次第。

コーヒーカップもカップホルダーにぴったり。
[PR]

by kobo-tan | 2015-10-20 17:08 | 製作例 | Comments(0)
2015年 10月 20日

キッチン・リメイク





FHIさんからの依頼で作った、食器棚と、棚をリメイクした抽斗。上手くピッタリと納まって、こちらもホッとしています。

d0169209_23472452.jpg


ナラ突板の吊戸棚と、ステンレス天板の抽斗収納。
右端が最上段を扉、その下から4杯の大きめの抽斗にリメイクしたトールユニット。


d0169209_2353571.jpg


ステンレスの天板部分が、現場の凹凸に合わせた変形ものでしたが、上手く納まってよかった。


d0169209_23562979.jpg


間口が狭く、奥行きが深い棚はたしかに使いづらいですが、こんなふうに抽斗にしてしまうと、
大容量の抽斗を手前に全て引き出せるので、空間を有効に使うことができます。
なかなかのアイデア。
抽斗の製作と施工はかなりリスキーなのですが、これはうまく納まりました。
現場の寸法取りと、FHIさんスタッフの取り付け作業が上手だったということですね。
[PR]

by kobo-tan | 2015-10-20 00:07 | 製作例 | Comments(0)
2015年 08月 27日

とりあえず施工写真




6~7月に作らせてもらった家具。フリーハンドイマイさんの施工写真をもらったのでとりあえず掲載。
製作過程の写真もたくさん撮ってあったりするんだけど、いまはゆっくり振り返って解説してる余裕がないので、
それはあとで余裕ができたらまた載せます。


アメリカンチェリーのL型キッチン

d0169209_11454662.jpg
d0169209_11463648.jpg



ナラのブラウン塗装アイランドキッチン
d0169209_11465927.jpg



タモのランドリーシェルフと食器棚
d0169209_11472792.jpg

[PR]

by kobo-tan | 2015-08-27 11:50 | 製作例 | Comments(0)
2015年 03月 15日

ナラ材の壁面収納 納まりました。




2月12日と13日に掲載したナラ材の壁面収納が、きれいに納まりました。
うれしい。


d0169209_0125884.jpg



d0169209_0133952.jpg

[PR]

by kobo-tan | 2015-03-15 00:15 | 製作例 | Comments(0)
2015年 03月 03日

台形の変形ものをつくる時




また、昨年秋の製作例。
鎌倉の友だちの島津さんが燻製チーズ屋さんを開いたので、開店祝いに納めた階段下の収納。
90°ではない角度を含む箱をつくるときに、ぼくのやっているやり方です。


階段下のスペースにぴったり入る、吊戸棚をつくるんですが、
まず、400mm角くらいの正方形のベニヤ板を2枚持って現地調査に行きます。
d0169209_12335699.jpg

これがその場所。

d0169209_12324977.jpg

右上の90°ではない角度をいかに正確に測るかがポイントなので、ここにベニヤの1枚をまず天井にくっつけて、
右の頂点にもくっつけてあてがい、次にもう1枚を、同じく頂点にくっつけながら、右の斜めの面にぴったりくっつける。
そして、上のベニヤが下のベニヤに重なったところに鉛筆で線を引き、工場でその角度を再現できるようにしておく。

d0169209_12411290.jpg

左上のこっちの角度のほうは、いちおう直角のはずですが、念のためここにも正方形のベニヤをあてがい、確認しておく。
そして、工場に帰ったら、このスペースがすっぽり入る大きさのベニヤ板に、なるべく正確に角度を写し取りながら、原寸図を書きます。
それにあてがいながら作っていくというわけ。


d0169209_12454596.jpg
d0169209_1245535.jpg


こんなふうになります。

d0169209_1332516.jpg

オスモ・ローズウッドで塗装。

d0169209_134939.jpg

ここはとても塗りにくいので、細い筆などを使って、狭い入りズミに白い塗り残しが出ないように塗る。

d0169209_1372796.jpg

で、取付も、どこも削るところなく、ほぼピッタリとはまりました。めでたしめでたし。
[PR]

by kobo-tan | 2015-03-03 12:49 | 製作例 | Comments(0)
2015年 02月 26日

レッドシダーのレジカウンター




こちらは、美容院に収めたレジカウンター。
レッドシダーの羽目板でぐるっと貼りくるんで、ナチュラル志向の優しい感じ。
現場塗装後の写真はないのですが、巾木を濃い目の焦げ茶にして、レッドシダーにオイルの濡れ色が付いたら、
いい感じになったんじゃないかな。
パン屋さんなんかにもぴったりなような。



d0169209_16454358.jpg


d0169209_16455269.jpg


d0169209_16455913.jpg

[PR]

by kobo-tan | 2015-02-26 16:48 | 製作例 | Comments(0)