つくりものがたり

kobotan.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 30日

参考価格



これまで掲載してきた家具はどのくらいの予算でできるのか、
参考となる価格を上げておきたいと思います。
注文家具・造作家具はその場に応じてデザインや寸法、材料を決めてゆくものですから
あくまで同等の家具を作る場合の参考と考えていただければと思います。
一点製作の注文家具ですから、もっといろんなアイデアを付け加えることもできるし、
予算が厳しければ、材料や作り方を変えたり、オイル仕上げを自分でやられたりすることで抑えることができます。

参考価格は税別で、これに運搬・取付費(工房からの距離、現場の状況によって変わります)が別途かかります。



d0169209_1511239.jpg



Ⅰ、リビング本棚
  W2620 ,D320,H2290   クルミ無垢材オイル仕上げ  エアコンルーバー付き
  ¥280.000-






d0169209_15243424.jpg


Ⅱ、階段踏板
  W800,D270,H30 ナラ無垢材オイル仕上げ、取り付けは建築工事となります。
  ¥7.800/1枚 (木地仕上げは¥6.600/1枚)
  
  手摺・笠木は都度見積りです。





d0169209_15365080.jpg



Ⅲ、下駄箱
  W2700,D340,H2285 シナ合板、オスモ白塗り仕上げ
  ¥198.000-






d0169209_1543127.jpg



Ⅳ、雪見障子
  
  都度お見積りになります。






d0169209_1544588.jpg

Ⅴ、子供本棚
  W3600,D300,H1036 シナウェルトソー合板オイル仕上げ、見付けメープル挽き板貼り
  ¥1950.000- (引戸はシナの場合、和紙貼りはオプションです。)

  長机
  W3600,D600,H670 ナラ集成材オイル仕上げ、抽斗8杯付き
  ¥140.000-




d0169209_15551474.jpg



  脱衣場 5杯抽斗収納
  W550,D550,H850 前板ナラ無垢材ウレタンつや消し仕上げ、内箱は桐材、プッシュオープンタイプ
  ¥95.000-






d0169209_964596.jpg


Ⅵ、TVボード
  W2620,D540,H410 仕様の詳細は6/28のページを参照
  ¥210.000-
[PR]

by kobo-tan | 2010-06-30 16:02 | 参考価格 | Comments(0)
2010年 06月 28日

建築家 森博さんとの仕事~ウチの家具たち~  Ⅵ TVボード



d0169209_21244461.jpg

W2620、D540、H410のTVボード
天板・・・ナラの無垢材  オイル仕上げ
扉・前板・センター内部・・・シナ合板+メープル3mm挽き板張り、オスモ白塗り仕上げ
スピーカー部ガラリ・・・タモ無垢材、無塗装

d0169209_2138213.jpg






W2600超の天板はナラの板目3枚接ぎ

この大きさになると製作もかなり大変ですが、ちょうどおあつらえ向きの素直なナラの板目が手に入ったのでうまくいきました。









d0169209_21474636.jpg






左扉の中はレコードスペース。
以前使っていたスピーカーは老朽化し音が割れるようになったので、小さいものに代え、台に乗せて使っています。










d0169209_21522059.jpg






上の抽斗にはレコードプレーヤーを入れる予定ですが、
いま3歳のサトがいたずらをしない年齢になるまで、入れるのを見合わせています。











d0169209_21564621.jpg

d0169209_21573742.jpg

                                     扉とガラス引戸のツマミは、アクセントにチークの端材でこしらえました。
[PR]

by kobo-tan | 2010-06-28 22:10 | 森博さんとの仕事 | Comments(0)
2010年 06月 28日

マナ オルゲルバウ


d0169209_1854656.jpg

平塚職業訓練校木工コースの級友で、こちらが忙しい週末などに手伝いをお願いしたりしている
得難い友人の高橋君が勤めるパイプオルガン工房 マナ オルゲルバウ
彼が製作にかかわった十数年の中でも最大級のパイプオルガンを仮組中とのことで、
きのうの日曜日、家族で見学させていただきました。

d0169209_19112676.jpg

いや、大きいです。

6mほどもある工房の天井にもつっかえるので、最上部は仮組できず、現場で本番だそうです。
間口も6m、奥行きも2m以上あったでしょうか。

d0169209_19352549.jpg

これを作るのにいったい何枚の図面がいるのでしょう。
この複雑さ
この精巧さ
5人の職人さんが10か月がかりで製作にあたり、8月に神戸の教会に、10日以上かけて現場組み立てし、納めるそうです。

上の写真は、高橋君が作った本体右側内部の重要部分で、いろいろと説明してもらったのですが、ぼくら素人にはよくわかりません。
しかし、そのたいへんさだけはよくわかる。


d0169209_1957855.jpg








裏側から見た「中層部」










d0169209_2004378.jpg







裏側から見た「上層部」
現場でこの上にさらに木のやぐらがのっかるとのこと










d0169209_2051037.jpg






鍵盤部分はドイツからの輸入品で、それぞれから出ている細い金属の線を
この工房でつくった細い木の部分(青い所から上)につなぐのだそう。

すごすぎる。









d0169209_20175689.jpg

いや、素晴らしいものを見せていただきました。

大きなホールの巨大なパイプオルガンは、ドイツなどの会社が受注する場合がほとんどらしいですが、
このマナ オルゲルバウは、いまや中堅クラスのパイプオルガンを新規で作っている日本で唯一の工房だということです。
ちなみに、このオルガンは小さめの家2.5軒分ほどのお値段ということでした。
圧倒されて、高橋君に写真に入ってもらうのを忘れてしまいました。
高橋君、ごめんなさい。
[PR]

by kobo-tan | 2010-06-28 20:26 | Comments(0)
2010年 06月 25日

変えてゆく


6月23日水曜日の朝日新聞夕刊から。

沖縄慰霊の日に、普天間高校3年の名嘉司央里さんが朗読した詩の一節。


今日もまたはじまる
いつもの日常
当たり前に基地があって
当たり前にヘリが飛んでいて
当たり前に爆弾実験が行われている
そんな普通の一日

一見「平和」に思えるこの小さな島
そこにいつの間にか当たり前ではない
当たり前であってはならないものが
入り込んでしまっていた
普通なら受け入れられない現実を
当たり前に受け入れてしまっていた
これで本当にいいのだろうか

忘れてはならない
この島であった悲しい記憶
目を背けてはならない
悲しい負の遺産
それを負から正に変えてゆく
それがこの遺産を背負い生きてゆく
私たちにできること



忘れてはいけないことがある
それはもう65年も前のこと
沖縄の地は戦場となった
何万という方々が亡くなった
その後、日本本土の基地は減っていったが
沖縄の基地は増えていった

ひとはどんな現実にも慣れてゆく
でも世の中には
当たり前のことなんてひとつもない
沖縄のひとたちのくるしみに
わたしたちは責任を感じなくていいのか
お詫びをするだなんて
そんな口先だけのことでいいのか

わたしたちには
忘れては
いけないことがある

[PR]

by kobo-tan | 2010-06-25 01:22 | ものがたり | Comments(0)
2010年 06月 24日

ウチの家具~番外編~  風呂脱衣場の抽斗



d0169209_17454916.jpg

森さんの設計では開き戸の階段下収納になっていたのですが、
着替えるところだから下着なんか入れるひきだしがあったほうがよかっぺとおもい、
5段の抽斗にしました。

d0169209_1754015.jpg





カベの中にすっぽりと収まり、カベとまったいらです。















d0169209_17581951.jpg





下着類や洗面タオル・バスタオル、石鹸やドライヤーなど
いろんなものを入れています。










d0169209_1875555.jpg




ちょこっと押すとスーッと出てきます。
スガツネのプッシュオープンタイプのスライドレールを使っています。











d0169209_1815273.jpg




レールは下の方からのぞかないと見えません。
前板はナラの無垢材。
水や湿気にもまったく問題のない、つや消しのウレタン塗装仕上げです。
[PR]

by kobo-tan | 2010-06-24 18:22 | 森博さんとの仕事 | Comments(0)
2010年 06月 22日

建築家 森博さんとの仕事~ウチの家具たち~  Ⅴ子供本棚と机


d0169209_2115192.jpg


子供エリアの本棚と長机
d0169209_219492.jpg


リビングとのしきりがガラスなのでよく見えます。



机は左から4等分して、それぞれサト(3歳)・ユリ(小2)・モモ(小4)・妻の持ち場になっています。
上の本棚もほぼ4人で分け合っています。


本棚と机の抽斗は、シナウェル塗装合板のオスモクリアオイル仕上げ。
前見付けやコグチはメープルの3mmムクを貼っています。


本棚は全体の圧迫感を抑えるために、背板だけ白の着色をしています。
本やモノをいっぱい入れるとかなりの部分見えなくなるので、森さんには、なんでそんな面倒なことするのと言われましたが、ぼくはコレかなり効果あると思っているんです。
ウチは壁が白なので、背板を白くすると壁と同化して見えるんです。
背板の存在がなくなって、かべにじかに棚板がついてるような感じに見えて、
本棚の塊としての圧迫感がうすれて、軽みが出ます。
これは本のすき間からちょこっと白く見えるだけでも効果はあります。
ヌケがいいんですよ。
リビングの本棚も同じやり方です。




d0169209_21485695.jpg




机は幅が3m60cmあるのでムクはあきらめ、ナラの集成材にしました。


かどにくっついている白いヤツは、3歳のサトに抽斗の中をひっかきまわされないようにつけた防護策なのです。









d0169209_17105565.jpg















d0169209_2202826.jpg
いちばん上の収納の引戸は、和紙で貼りぐるみました。
この和紙は、東京・千石にある紙舗 直という専門店のオリジナルのものを買ってきました。

ここにはちょっと色があったほうがいいなあと思ってつくったのです。













d0169209_2211762.jpg





おまけのランドセル置き



サトのは小学校の入学祝いでつくります。
[PR]

by kobo-tan | 2010-06-22 21:46 | 森博さんとの仕事 | Comments(0)
2010年 06月 22日

ベルイマン


NHK BS2で深夜、先週から今週にわたり、巨匠ベルイマンの映画を放送しています。
今晩は、名作「野いちご」。
未見のかたはぜひこの機会に。
ホンモノの映画を味わってください。
[PR]

by kobo-tan | 2010-06-22 11:24 | ものがたり | Comments(0)
2010年 06月 22日

カナシクハナイカ


6月18日金曜日の朝日の朝刊に載っていた記事です。

d0169209_20111842.jpg



記事の冒頭・・・
『婚活市場が活気を帯びるなか、東京都港区の南青山に「結婚予備校」が開校した。
服の選び方や髪形、メーク法のほか、デートの授業も。お付き合いの「相手役」がレストランに登場し、会話のやりとりなどが点数化される。
結婚シーズンを迎え、公務員や医師、会社員ら30人以上の「生徒」が学んでいる。』

ということなのだそうです。

レストランの個室での模擬デート・・・
『男性は「何か飲みますか」と尋ね、女性は「紅茶を頂けますか」と答える。・・
2人は、お互いの仕事やカラオケなどの趣味、好きな食べ物の話を交わし、リラックスした雰囲気に。女性はさりげなく、男性の家族構成を聞く。男性はあまり冗舌ではなく、時に押し黙ることも。
30分ほどたった時、2人の席の近くにいた女性が「はい、どうも」と声をかけ、デートは終了。この女性は、校長の佐竹悦子さん。「会釈しながら入ってきた方が良いですね。相手の仕事のことをあまり聞かなかったけど、もう少し尋ねた方がいいかもしれない。」と助言した。・・・

相手役の男の人はこの予備校の講師で、突然わざと黙ることで、女性がこの場をどう繕うのかを試してみたのだそう。
そしてとうぜん学校なので、笑顔や目線など16の項目でチェックされ、それぞれ5段階で評価、80点が満点で、70点が平均点だというのです。


世の多くの方々はこの記事をまあこんな時代だこんなこともあろうとスンナリ受け入れられたのでしょうか。
ぼくは少し呆然としました。
ショックを受けました。
「生徒」さんたちは本気なのだろうか。
いやいや「生徒」さんたちは忙しい。忙しすぎて、いい相手と出会う機会もほとんどないし、友人知人に相談する暇もない。でも「予備校」に通う暇はあるのか。そもそも、友人知人がいないのか。
「生徒」さんたちにとっては切実なことですから、「生徒」さんの身になって考えてみようとしましたがムリでした。
30人以上の「生徒」さんたち、本気ですか?

本気でこんなこと「勉強」して、「デートのしかた」に上達して、彼や彼女の心を射止めて、「結婚」まで至ろうとおもっているんですか?
あなたが孤独なのはわかります。
わたしも誰それのように幸せになりたい、わたしが結婚できないなど不当であると思うのもわかる。
でもあなたは「結婚」まで至る過程を金で買おうとしています。

d0169209_22142624.jpg


好きなひとに会ったら何を話そう。
あのひとの顔をちゃんと見れるかな。
まずこの話して次この話して、あ、あのことはまだ言わないどこう。
ペラペラしゃべらない方がいいのかな。

想像力の渦巻く時。あらんかぎり思考をフル回転させて、いざ緊張の場へ赴いて・・・
2人のこころが寄り添って、うまくいったらいいけれど、
そんなにうまくいくもんじゃない。
最初からうまくいくほうがうそっぽい。

ああなぜうまく話せないんだろう
あのひとはどう思ったかしら
どうして気まずい雰囲気になってしまうの
ああわたしってどうしてこうなの

いいんです。
それでいいんです。
それがあなたなのだから。
そうやってあなたは、あなたに出会う。
あなたがあなたに出会う場に、そのひとは立ち会う。
とり繕っているひまなどないのじゃありませんか。

それでもあなたは「効率」が欲しいのでしょうか。
お金で「効率」を買うんですか。
人生の中でもっとも貴重な時間を、お金で取引するのでしょうか。
先生の教えに従って、うまくいかなかったら先生を恨むんですか。

d0169209_23255970.jpg


どうしてこんなところにまでお金がはいりこんでしまうのだろう。
何でも売り物になる時代だから、少しでも市場があるとみれば動くひとがいる世の中。
そして、あ、こんなのも買えるんだ助かる助かるなんて言いながらお金を出す人たち。
ちょ、ちょっと待って、って言いたくなりませんか。

愛されたいのなら、まず愛さないと。
愛されない苦しみから逃れる方法はただひとつ、愛することしかないのですから。
そして愛は取り引きではないんだから、
見返りなんて期待しちゃいけないんですから。

ニンゲンすべからく覚悟がだいじだとおもいます。
もう、煮て食うなり焼いて食うなり、なんとでもしてくれ。
それでうまくいかないのなら、うまくいかないほうがいいんです。
そしてそれがあなたのものがたりなのです。
[PR]

by kobo-tan | 2010-06-22 00:11 | ものがたり | Comments(1)
2010年 06月 18日

変形もの その2 ~メガネ屋さんのカウンターテーブル~ つづき


d0169209_10231078.jpg




これからポリ板とメラミンでこれを貼りぐるんでいきます。

まず、外側から。
作業がしやすいように、傷つけないよう気をつけながら起こします。










d0169209_10313348.jpg



まず真ん中のポリ板から。

キレイに仕上げるためにはおのずから順番があるのです。
左右の端は22.5°に切ってあります。反対側に角度付きの端材をつきつけながら慎重に貼ってゆく。
こちらはお客さん側=見せ場ですから、とくに慎重にやります。
このへんがキタナイと全体の価値がさがります。









d0169209_104733.jpg




こんなふうにできてきました。
天板の裏にも、テーパーをつけて切ったランバーにメラミンを貼ったパーツを取りつけます。












d0169209_10542650.jpg





寄ると多少アラはありますがまあ、ウラなので・・
いいんです。











d0169209_10583021.jpg




内側のコグチにメラミンを貼ってゆきます。
まず、やっかいな角度付きのところから。
はばを合わせ、面も取ったメラミンを先に作っておいて、貼ってゆきます。











d0169209_1125568.jpg





内側のメラミンを貼り終えました。












d0169209_1128335.jpg




今度は外側。
頂点にあたるところのメラミンの端はこれも22.5°の角度をつけて、1.2mmの厚みが見えないようにぴったりと貼ってゆきます。
速乾ボンドを早く乾かしたいときはドライヤー。










d0169209_1136519.jpg







最後に天板のメラミンを貼って完成です。












d0169209_11393791.jpg






正面はこんな感じ。

工作の時間でした。
[PR]

by kobo-tan | 2010-06-18 11:45 | 製作過程 | Comments(0)
2010年 06月 17日

変形もの その2 ~メガネ屋さんのカウンターテーブル~


d0169209_2023825.jpg


今回は、角度のついた変形のカウンターです。
図面を飽きるほどながめて考えた後、作り方を決めます。


「3つの箱をつなげて天板を乗せ、ポリとメラで貼りぐるんでおわり」


図面は手書きのため間違いやすいので、まず定石通り大きな段ボール紙の上に原寸図を書きます。








d0169209_20304077.jpg





前回の陳列テーブルと同様に、21mmのラワンランバーで天板の形を3つに分けて切り、
さらに4mmのラワンベニヤで表裏からはさみこんで接着。天板の下地を作ります。
以降は、これが基準となります。









d0169209_20481713.jpg





下の3つの箱の天板部分とつなぎの角度のついた板を切り出し、
全体の天板の上に並べて、ぴったり合うまで寸法を調整します。










d0169209_20564581.jpg





3つの箱ができたらそれをつなげてひとつにします。
つなぎのパネルを留めるのにここではポケットホールというやり方を使っています。
見えない方から斜めの下穴をあけてビス留めします。
かなりしっかりつくので、いい方法だと思います。








d0169209_21132959.jpg







収納部分ができました。










d0169209_1083497.jpg



天板を本体にぴったり合わせながらビス留めします。

しかし・・・
慎重に天板に合わせながら部材を切ったのですが、この大きさの角度ものとなると
やっぱりどうしても目違いがでるんです。
クヤシイけど、気を取り直して、カンナでメチをはらいます。





つづきはまたあした。
[PR]

by kobo-tan | 2010-06-17 21:22 | 製作過程 | Comments(0)