つくりものがたり

kobotan.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 28日

焼き鳥屋さん「快」の取り付け終了

2週間にわたって取り組んできた、平塚、田村十字路の焼き鳥屋さん「快」のレジカウンターとカウンター下収納の取り付けが、2/26,27で無事終了。写真もたくさん撮ってきたので、その模様をupしようと思いましたが、今月は2月。29日の明日で終わりなので、御好意もあり運転資金もなんとか集まったので、今日は支払いなどの事務仕事に費やしました。ほんと言うと、疲れて、半分ぼーっとしてたんですが…

ということで、取り付けの模様は、明日書きこもうと思います。


この人たちのJAZZは、ときどきハッとするほどかっこいいと思います。
ベース:ラーシュ・ダニエルソン(スェーデン)
ピアノ:レシェク・モジュジェル(ポーランド)
パーカッション:フレスコ(フルネームも国もわかりません)
の、トリオ。 ヨーロッパの香り。


[PR]

by kobo-tan | 2012-02-28 22:19 | つぶやき | Comments(0)
2012年 02月 16日

たまプラ―ザの柱巻き



d0169209_1438312.jpg


デパートや大型店でよくやる柱巻き。
950mm×1050mmの柱を巻く高さ2200mmのパネル。厚みは60mmで、しっかりするように15mmランバーで下地をつくったので、かなりの大きさとヴォリューム。
仮組みをするのも、手伝いに来てくれた須籐君と二人がかりで、簡単には行かない。


d0169209_14471412.jpg


d0169209_14473962.jpg


d0169209_1449759.jpg

棚柱と、ラインコンセントの掘り込み

d0169209_14503941.jpg

柱をくるむための、後付けの30mm厚のパーツは、「いんろう」でパカッと嵌めこむようにした。
[PR]

by kobo-tan | 2012-02-16 14:36 | 製作例 | Comments(0)
2012年 02月 13日

福島から島根へ

d0169209_132836100.jpg


1月の20日過ぎからほぼ3週間がかりでつくっていた、スーパーの陳列台、14台と、パンテーブル2台。
福島の会社で無垢の部分を塗装するために、荒さん夫婦が大型トラックで引きとりにやってきた。
荒さんは会社専属の運送員。 還暦はとうに越しておられる。 現れるのはたいてい夫婦二人一緒だ。
その福島の、剛腕の若社長が日本全国から取ってくる、家具や什器の仕事を、昼も夜もなく、一般道や高速を走り、また日本全国へ届ける。


d0169209_1340150.jpg


この14台+2台の什器は、まず福島へ運ばれ、自社制作分の什器とともに同色で塗装された後、また夜じゅう走って、島根の大型店へ届けられる。
荒さんは、3/11の震災の後、東武野田線の梅里(だったと思う)に高齢のお母さんと一緒に疎開して、今もその場所を生活の拠点にして、
福島、東京、神奈川、島根、福岡、そのほか日本中の配達先へ、毎月毎月信じられない距離を走っている。
しばらく前に聞いた話から推測すると、自前のトラックはすでに走行距離、100万kmを越したかもしれない。


d0169209_1454342.jpg


今日は、夜の7時にここ茅ケ崎で14台+2台を、道中暴れてキズだらけにならないように毛布でくるんで注意深くラッシングベルトで固定し、
この後また別の場所で、弁当屋さんの、長さ2mの什器を積み込み、夜通し福島へ走る。
たいへんな仕事だ。

震災後、海沿いが走れないので、内陸の道を行く。今夜は雪だと言っていた。
雪道で、危険なことがないように。
夜中に、睡魔に襲われることがないように。

積み終わって出てゆくトラックを見送る。
[PR]

by kobo-tan | 2012-02-13 13:25 | 製作例 | Comments(0)
2012年 02月 11日

懐かしい未来


時代が移り変わって、ニンゲンはいろんなものを手に入れて、いろんなものを失ってきたけど、
ニンゲンそのものは、そうそうかわらない。
ニンゲンは、どういう動物ですか?
好きになったり、嫌いになったり、優しかったり、苛めたり、元気だったり、くたびれていたり、約束したり、嘘をついたり。
生まれて、大きくなって、食って、出して、眠って、起きて、泣いて、笑って、くっついて、はなれて、歳をとって、死にます。

未来が少しでも、懐かしいものであってくれたらなあ。



[PR]

by kobo-tan | 2012-02-11 11:58 | 音楽 | Comments(0)