つくりものがたり

kobotan.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 24日

Kamakura



なんて気持ちのいい日!
あたたかくて暑いくらい。こんな日に家の中にいるのもったいない。
ということで、鎌倉材木座の森さんとこへ、テーブルと家具の打ち合わせ。
を口実に、134号線ドライブ。

d0169209_17391542.jpg


d0169209_17413411.jpg


d0169209_17425572.jpg

[PR]

by kobo-tan | 2012-04-24 17:44 | 森博さんとの仕事 | Comments(0)
2012年 04月 23日

クリの木のテーブル 天板



クリの天板 2100×900 を接いで、いま削り中。

d0169209_18161556.jpg


ところで、このブログを開くには、エキサイトブログのページから「工房丹」と検索すれば出てきますと、ずっと言っていたのだけど、なぜか今出てこない。「つくりものがたり」でも同様。
どうしてでしょう。記事の中につねに工房丹と入ってないと、ヒットしないのかな。ならば、連呼しときます。工房丹、工房 丹、工房丹…
[PR]

by kobo-tan | 2012-04-23 18:22 | 製作過程 | Comments(0)
2012年 04月 20日

さよならからはじまること


中島みゆきさんが、「サヨナラCOLOR」という2005年の竹中直人の映画に出演していることを知り、
その映画は、SUPER BUTTER DOGの同名曲を竹中直人が熱望して監督したことを知り、
SUPER BUTTER DOGはハナレグミ永積タカシのいたバンドで、そういえば聴いたことのある曲で、
アマゾンのレビュアーさんのコメントで、「そこから旅立つことは・・・」の「そこ」とは現世であり、
「さよなら」とは死のことであると知って、あらためてこの歌を聴くと、なにやら心深くに迫ってくるものを感じて、
もの思いしながらくりかえし聴いているところ。


[PR]

by kobo-tan | 2012-04-20 23:00 | 音楽 | Comments(0)
2012年 04月 20日

ナラテーブル 納品



4/18に、鎌倉由比ヶ浜の建て主さんのお宅へ、ナラのテーブルを納品しました。

d0169209_10133530.jpg


床材もナラ、ベンチの背もたれもナラで、ダボの木栓はウォールナットと、テーブルとぴったりでした。

d0169209_10204837.jpg


この大きさ(900×1800)で、厚み35mmだと、天板だけで重さが約40kgあります。
安定度は抜群ですが、少し動かすにも二人がかりで、よいしょ、という感じです。
床、テーブル双方を守るため、脚裏にはフエルトを貼っています。
[PR]

by kobo-tan | 2012-04-20 10:35 | 製作例 | Comments(0)
2012年 04月 13日

ナラテーブル 抽斗2杯付き


ナラのダイニングテーブル W1800×D900×H710
天板は板目の3枚接ぎ 35mm厚

d0169209_20314155.jpg


d0169209_20322746.jpg

小根ホゾと隅木

d0169209_20335554.jpg


d0169209_2035559.jpg

オイル塗装中

d0169209_20354833.jpg


d0169209_2039231.jpg


d0169209_20372093.jpg

木コマで天板を留める。
[PR]

by kobo-tan | 2012-04-13 20:40 | 製作過程 | Comments(0)
2012年 04月 09日

これこそ、歌



  ディーバ、みゆき様の熱唱。
  あなたが好きです。返される愛はなくても。
  一曲入魂、これこそ、うた。
  1992年、夜会「邯鄲」より、エンディング。


[PR]

by kobo-tan | 2012-04-09 18:33 | 音楽 | Comments(0)
2012年 04月 06日

人生の贈り物


   ……もしももう一度だけ若さをくれると言われても  おそらくわたしはそっと断るだろう
     若き日のときめきや迷いをもう一度くりかえすなんて  それはもう望むものではない

  
  


[PR]

by kobo-tan | 2012-04-06 12:42 | 音楽 | Comments(0)
2012年 04月 06日

オープンの生徒用下足箱



タテ9段、ヨコ8列の、72マスの大きなオープンの下駄箱。

d0169209_12143575.jpg

また、例によって、慎重にタテの方立ての長さを均等に切り分ける。

d0169209_12174098.jpg

54枚のカチットの加工

d0169209_12183937.jpg

前回と同じようにして組んでいく。

d0169209_12205167.jpg

高さ2060mm、間口約2300mmの大きな下駄箱完成。
これも6mmのナラ無垢を貼っていて、前面の目違いを払うのが大変でした。
でもとりあえず、塗装入れの日の、午前4時になんとか完成。
[PR]

by kobo-tan | 2012-04-06 12:27 | 製作過程 | Comments(0)
2012年 04月 06日

扉付き下足箱



学校に納める下足箱。化粧材はナラで、本体前面、扉の周囲には6mmのナラの挽き板を貼ります。


d0169209_11303255.jpg

組む前に6mmの挽き板を貼って、目違いを払っておきます。

d0169209_11324411.jpg

d0169209_1134985.jpg

横延ばしにして、タテの方立てをひとマスごとに切り分けます。
均等に切って、長さの総和が、本体の高さとぴったり一致するように、慎重にすこしずつ長さを調える。

d0169209_11414683.jpg

ビスとカチットを使って、内側のマスから組みたてていく。

d0169209_11425396.jpg


d0169209_11462495.jpg

扉は木目が繋がるように、大きな状態で、付き板をランバー芯に貼っておき、間違えないように番号を振って切り分ける。

d0169209_1151424.jpg

扉の周囲は留めで巻く。

d0169209_11521438.jpg

d0169209_11524260.jpg


d0169209_11543447.jpg

押し痕などを修復するために、水拭きしてからサンダーをかける。

d0169209_11581659.jpg

この丁番はステンレスで、上下調節ネジがないタイプなので、36枚の扉の吊り込みがたいへん。
助っ人に訓練校の後輩、蔵ー樹の神崎君に来てもらった。

d0169209_1212993.jpg

2台一組の下駄箱完成。
[PR]

by kobo-tan | 2012-04-06 12:09 | 製作過程 | Comments(0)
2012年 04月 06日

焼き鳥屋さん 「快」 の完成写真



2月末にカウンターや什器を取り付けた、平塚・田村十字路の焼き鳥屋さん「快」の塗装済みの完成写真を遊牧工舎の下司さんが送ってくれました。
シナの合板にブラウンの色がついて、落ち着いた雰囲気になりました。
もういまは、毎日お客さんがいっぱいなんでしょうね。

d0169209_10321612.jpg


d0169209_10331087.jpg


d0169209_10333435.jpg


d0169209_10335661.jpg

[PR]

by kobo-tan | 2012-04-06 10:35 | 製作例 | Comments(0)