つくりものがたり

kobotan.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2012年 12月 30日

終わりと始まり




先週でほぼ今年の仕事は終わり、今週はいろいろとやりくりに追われ、気持ちのへこむことなんかもあってブログをしばらくほったらかしにしてしまいました。
前回の無垢フラッシュドアの記事も中途半端でしたが、無事に兵庫のレストランの玄関に納まった模様。できあがりの写真は、Facebookの僕のタイムラインに掲載しました。
去年の3.11以降、あらゆるものが張りぼてに見えるとどなたかが仰っていたように記憶しますが、世の中の推移も自分の暮らしも薄氷を踏むような感触がますます強くなって、
よく見えない明日の中によすがとなるような確かなものを手さぐりしているような状態です。すこし大げさでしょうか。

普段まったく見ないテレビをたまに見たりすると、その根拠のない明るさとテンションの高さがよそよそしく、「少し上」のイメージをつねに振りまいて欲望をあおり、
成長経済の中で機能してきたテレビの役割ももう終わったのではないかとさえ感じるこの頃。消費意欲をかきたてるよりまず、
非正規労働者同士が結婚しても安心して子供が二人持てるような社会システムを整備していく方が先決問題。持続可能な社会イメージを持って、
長いスパンで考え、決定して行かないと、付け焼刃の対処療法ではいずれこの世の中は破たんします。

いろいろなものをつくりだし売買を増やして「豊か」になってきた、高度成長以降のこの国の歩みは、考えてみると、ひととひととのつながりを希薄にし続けてきた年月だったともいえます。
仏文学者の鹿島茂さんがこんなことを仰っています。・・・・なぜ人口が減り続けるのか。カギは「面倒くさい」です。面倒くさいことはいやだ、
楽をしたい、という思いが社会や産業を発展させてきました。でもこれは両刃の剣です。いまや恋愛やセックスが面倒くさいと思うようになった・・・
だとしたら、高齢化・人口減少社会は、少しでも成長していこうとする経済のもとでは必然的な帰結であるのか。この流れは変えることができないのでしょうか。

こんなに大きな問題をこんなところで論じてみても虚しいという思いも湧いてくる。しょせんはなるようにしかならないのだと。
しかし、自分たちをも殺してしまうような核廃棄物の処理方法すら確立していない原発に頼らなくてはならない経済は異常だと思える感性をなくしてしまったら、
信じられる明日はどこにあるのでしょう。子供たちの未来はいつも明るく輝いているべきなのに。
そんなことを思いながらまた来年も薄氷を踏む思いで暮らしていくんだろうななどと考えている年の瀬。
工房も今日で終わり、1月は4日から仕事始め。世の中も暮らしも少しでも良い方へ向かうことを祈りつつ、今年はお開きです。
みなさまどうぞよいお年を。
[PR]

by kobo-tan | 2012-12-30 03:58 | ものがたり | Comments(0)
2012年 12月 15日

無垢フラッシュの玄関ドア ~その後



12/11 13:05

この建具、ステンドグラスをはめるための開口部をつくらなきゃいけなくて、その内側には、押し縁をきれいに取り付けなきゃなんない。
表面には4mmのラワンに貼った4mmのタモが来るわけで、定石通りトリマーなんかでくり抜いたら、タモの小口がバリバリに
むしれてしまうだろうなー。そんなんやりたくないなー。 だからリスクは超高いけど、先にラワンに芯材の開口通りの穴を開けて、
その開口ぴったりにタモを貼ることにした。

でもそんなんやってだいじょうぶか?
失敗したらどうする?

d0169209_11265954.jpg


d0169209_1128253.jpg


芯材で組んだ下地の両端を伸ばしておいて、同じ長さにラワンも切り、きっちり動かないように4点をビスで留め、
その状態で、トリマーでくり抜く。くり抜いた開口が、もういちど芯組みの開口とぴったり重なるように、くり抜いた面と
ラワンにA、Bとマーキングしておく。

これが今回の作戦だな。

d0169209_1136737.jpg

d0169209_11365897.jpg


しかし無垢材の仕事は捨てるところが多い。
損耗率っていう。 加工する中で無駄になってしまう部分の割合。
無垢材を注文する時、最低でも必要量の1.2倍。時には1.5倍の材料を取る。無垢材は削ってみないと結局のところ
木目は判然としないから、本数でも余分に取るが、平らを出して、厚みや幅を削るたびにかすを捨ててるわけだから、
25mmにあげるために35mm厚の材料買ったら、もうそれだけで30%以上捨ててることになる。
長さが長くて切り残った端材や、切り残ったまっすぐの4~5mmの挽き板くらい残しておけば!と思われるかもしれないが、
残しておいたって、結局使うところがなくてゴミの山になってゆく。 工場の中は収拾がつかなくなる。だから思い切って
どんどん捨てないと仕方がない。 でも捨てるにも産廃の費用がかかるのがなんともせつない。お金出して買って
お金出して捨てるなんて。せめて風呂焚きや槇ストーブのの槇にあげたいんだけど。引き取りに来てくれる人、いないもんかな。





続きはまた。
[PR]

by kobo-tan | 2012-12-15 11:59 | 製作過程 | Comments(0)
2012年 12月 15日

Harvest Moon / CASSANDRA WILSON







聴けば聴くほどいい歌ってあるもんです。


[PR]

by kobo-tan | 2012-12-15 01:11 | 音楽 | Comments(0)
2012年 12月 11日

無垢フラッシュの玄関ドア




d0169209_0501016.jpg


タモの薄板を表面に貼ったこんな玄関ドアをつくります。

d0169209_051551.jpg


扉と枠の関係はこんなふうになってます。

d0169209_05333.jpg


上の開口部にはステンドグラスがはまります。
取っ手のところや鍵のところ、ドアクローザーがつくところに芯を入れとかないとあとでどうしようもなくなります。
重くならないようにハニカムコアを使います。

d0169209_0565875.jpg


タモの薄板も、割いては平らを出し、割いては平らを出しをくりかえして24枚、1枚4mmに削り終えました。
[PR]

by kobo-tan | 2012-12-11 01:00 | 製作過程 | Comments(0)
2012年 12月 11日

無垢材を斜めに削る



けっきょく最後は徹夜になってしまったスーパー陳列台の仕事。
あとのほうはまったく余裕なくなってしまったので、写真撮れてたのは最初のほうだけ。
以前も取り上げたかもしれないけど、タモの太い回し縁材の作り方。

d0169209_0282216.jpg


この分厚いタモ材を

d0169209_0292939.jpg


こんな断面形状になるように削ります。

d0169209_0303126.jpg


そのためには結局こんな危険なことをやらねばならん。 これを切ってるところはとてもお見せできません。
加工に集中しなければならんので、写真撮ってる余裕もないんだけど。

d0169209_0391533.jpg


全部切ったら、切った面が正面になるのにノコ刃のあとがついてますからきれいに仕上げるために一度、
自動カンナ盤に通さなきゃなりません。 斜めの面をどうやって削るか? さっきの切り落としを使ってこんな
治具をつくるのです。 これで上面は水平になり、機械で削ることができる。

d0169209_0445746.jpg


こんなふうになるわけです。
[PR]

by kobo-tan | 2012-12-11 00:46 | 製作過程 | Comments(0)
2012年 12月 02日

いったい何を考えているんだろう?



内田先生がブログで、日本維新の会が選挙公約として打ち出した「最低賃金制の廃止」について感想を述べておられる。
(内田樹の研究室~最低賃金制の廃止について~)

記事の詳細は、いつものように明快な内田先生の文章に直接あたっていただくとして、ほんとに維新の会も、
政・官・業の日本エスタブリッシュメントも、いったい何を考えているんだろう。ただ、この選挙に勝つこと、ただ、
自分の会社が存続すること、自分の給料が下がらないこと、それしか考えてない。みんな頭のいい人たちなんだから
そんなはずはないと思いたいけど、そうとしか思えないことに愕然としてしまう。

自分はお金をたくさん投資して自分の息子に高学歴をつけたから、世の中にそんな低賃金の仕事がどんどん増えても
構わないというんだろうか。自分も競争社会をそうやって勝ち抜いてきたんだから、そんな低賃金の職にしか就けないのは
自己責任というわけなのか。

ほんとうに人間てのは、自分に都合のいいようにしか考えない。 都合の悪いことは、見ない、考えない。 それでこれから
世の中がどうなってゆくのか、なんてこの人たちにはどうだっていいことなんだろう。

世にいう「マックジョブ」という職種。ひとりの中核エリート社員を支えるために、単純事務作業員やビル清掃員、コンビニや
外食産業などの周辺労働者が、5人、必要だと言われる。 その5人の年収をたしたよりも多い額をそのひとりが持ってゆく。
5倍働いてるからではもちろんない。そういうシステムを、お金がそこに集まって少数の人に流れるシステムを長い間かかって
つくり出してきたからだ。

競争に勝ってそのシステムにありつけたんだから、失態を犯さない限りクビになることはないのだから、年金をくれなきゃ
会社を訴えれば勝つんだから、その席を手に入れた人はその席を手放そうとはしない。そのためには、ほかのことは
どうだっていいのだ。

そうやって、低賃金職が増えて内需は冷え込み、晩婚化・非婚化のなかでさらに低所得者は結婚できず、少子化の勢いは止まらず、
子供は減り人口は減って、財政も破たんし、いまの世の中は確実に立ちゆかなくなり、崩壊する。

最低賃金制廃止について、「それもありなんじゃない?」なんて思う人は、そういう怖れを持たないの?
1994年に製造業とサービス業の人口比が逆転して以来、世の中は新しいものをつくり出して利益を生むことができなくなり、
生産や流通のシステムをいじくることで何とか利益を生み出そうとしてきた。そのために非正規労働者をこんなにつくったんだから
それはデフレも止まらない。安くないと買えないんだから、みんな。そんな給料しかもらってないんだから。

僕は今年3月だったか、どこかの電力会社の労組の大会でその労組の委員長が、脱原発を標榜する民主党議員を「裏切り者」呼ばわり
した記事を忘れない。依然として平均年収800万を堅持している電力会社社員、その労組は終始一貫して原発を推進している。
そりゃあ、いちばん危険なところには、末端のその末端の非社員に行かせるんだから、火力発電の燃料費で会社が傾くより
現状維持がいいに決まってるから。 そうなんでしょ。

選挙となればその労組がまたがんばって、組織票だなんだということになって、勝つことしか頭にない政治家はその走狗となる。
みんないったい何を考えてるんだろう?
[PR]

by kobo-tan | 2012-12-02 00:10 | つぶやき | Comments(0)