つくりものがたり

kobotan.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 18日

Kさんへの手紙    カネミ油症 ~ 水俣

前回紹介したETV特集「毒と命~カネミ油症 母と子の記録」のとても真摯な感想を、FB友達のKさんがFB
のコメント欄に書いてくれて、その中に「下田さんの『生きる力』のようなものに深い感銘を受けました」という言
葉があった。ぼくもそれはとても感じていたので、それについて思うことをコメント欄に書いたのだけど、それは
長い手紙のようになってしまった。

それをこちらにも転載します。



          ■                                        ■


Kさんが、下田さんの「生きる力」とおっしゃったので、少し長い話になるかもしれませんがちょっと書きます
ね。時間のある時にゆっくり読んでください。


ぼくが最初にそういうことを感じたのは5年ほど前に岩波新書の「証言 水俣病」という本を読んだ時でした。こ
れは、1995年に開かれた「東京・水俣展」という催しで、水俣病の患者さんや家族を失くされた方たちが、東
京で来場者に講演をされたそのお話を記録したものなんですが、このときまでぼくは出身者だったけどあまり
詳しい経緯は知らなかった。それで、身近で起きたことで、ぼくらも全く関係がないわけじゃないのだから(父
は定年前、補償関係の仕事をしていました)きちんと知っとかなきゃと思って読んだわけです。本の最初に下
田(旧姓田中)綾子さんという方の(この方も発病されたのですが、認定申請を3度棄却されています)お話が
あって、1956年に発病した、その当時5歳だった幼い妹の田中静子さんの話をされるんです。静子さんは人
懐っこくてみんなに好かれる子どもだったのですが、ある日の夕飯の時に急にご飯を落としたり、皿を落とした
りするんです。翌朝はそれがもっとひどくなり、足がもつれて歩けなくなって、よくしゃべれなくなる。そして4日
目には目が痛いと泣き出して目が見えなくなる。手が麻痺して靴もはけなくなる、それでこれはおかしいという
ことでチッソの付属病院につれていく。

8日後には末の妹の実子さんも発病して附属病院長だった細川一医師が異変に気付いて水俣保健所に届け
出たのが水俣病の公式発見ということになってるんですが、その、最初に発病した静子ちゃんは入院後も苦
しみつづけて、(劇症型)2年半後に亡くなります。その間には、奇病ということですから、伝染病かもわからな
いし、差別がはじまって、病院で介護もしなければならない、もう大変な中で苦しんで亡くなっていくんですね。
それを読んだとき、ちょうど末っ子が生まれて間もない時だったので、もし自分の娘が同じようになったらと思
ったらもう辛くなって、ほんとうに泣きました。静子ちゃんは、だってなんにも悪いことしてないんですから。どう
してこんな目に遭わなきゃいけなかったんだ、と思ったらほんとに泣くしかない。

でもそれを話される下田綾子さんのお話が、もうずいぶん長い年月がたっていますから、といっても、実子さ
んの介護はずっと(いまでも!)続いていますから大変ではあるはずなのですが、怒りとか、悔しさとか、あま
りそういうものは表に出なくて、淡々として、それでも静子ちゃんのことなんかはまるで昨日のことのように、ひ
とつの物語のように話されるんですね。だから余計に悲しみが湧きあがるという感じなんです。


下田さん、もちろん他にもたくさんいらっしゃいますが、カネミ油症の下田さんもそう、それから、枯葉剤の被害
にあって普通の体でなく生まれたベトナムの方たち、また、米兵の子息の方で、同じように障害を持って生ま
れたへザーさんのような方々、これらのかたたちはみんな(なんの理由もなく!)一生涯続く苦しみを背負わさ
れて、じゅうぶん苦しんで、それでも生きていく決意をされた方たちです。こころの中でどれほどの戦いをされ
てきたか想像することすらぼくにはできない。一方で、うつ病になったり自殺される方は以前も今も変わらず多
くおられる。また一方には苦しみを背負って生きていこうとされる方もたくさんいらっしゃいます。そういう方々
を見てると、正気である限り人間は、生きてゆこうとする、そういう存在なんだなあと思うんです。


先年亡くなられた水俣病の語り部だった杉本栄子さんは晩年、自分の得た病を「のさり」(天から与えられたも
の)とさえおっしゃいました。また、アウシュビッツから生還したビクトル・フランクル博士は「それでも人生にイ
エスという」という講演をされた。そうやって生きてゆく決意をされた方々は怒りや憎しみといった気持が何か
別のものに変わってゆくようです。その一生をかけた精神のドラマに対して、なんというんでしょうか、ぼくら
は、関係ないではすまないんじゃないかって、そういうことを何も知らず、のうのうと安逸を享受して老いるだけ
ではあまりに浅はかではないかって、ものすごく思うようになりました。


ひとつ言い添えると、はじめの方に書いた、水俣附属病院長だった細川一医師はネコ実験などを通してかな
り最初の段階で水俣病の原因を工場廃液とつきとめ、会社に進言されたりした方ですが、その後チッソ附属
病院から四国の方の病院に移られて、1970年に肺がんで亡くなられるんですが、亡くなる前に水俣病裁判
で、真実の(会社には不利になる)証言をされて、それから亡くなられるんですね。そして彼は亡くなられる前
に、キリスト教に入信しているんです。これはやはり、会社内部の立場だったためにけっきょく自分の力で排
水を止めさせることができなかったこと、そのために被害が広がり、多くの方々を苦しめることになったことを
亡くなる前に神の前で悔いられたんだと思うんです。14年間、細川さんはその思いを持ち続けられたんだろう
と思います。


下田さんの「生きる力」という言葉から思い浮かんだことを、長くなってしまいましたが、書きました。なにかが
伝わったとしたらうれしいです。これで終わりです。
[PR]

by kobo-tan | 2013-06-18 01:39 | 社会 | Comments(0)
2013年 06月 14日

ETV特集「毒と命~カネミ油症 母と子の記録~」





d0169209_12344944.pngNHK[ETV特集] 「毒と命~カネミ油症 母と子の記録~」




きょうはちょっと重いお話です。


今日の深夜、午前0時45分から、NHK-Eテレで上のドキュメンタリーが再放送されます。


ETV特集公式サイトより・・・

食用油にダイオキシンが混入し、日本各地で1万4千人が被害者を訴えた「カネミ油症事件」。事件発覚から44年を経た去年、初めて被害者救済法が成立し、国の被害者救済の責務が法的に明記された。しかし、成立した救済法で一顧だにされなかった問題がある。それは、子どもや孫への世代を超えた「毒」の移行の問題だ。
3年前、国が公表した健康実態調査の結果では、回答者の4割が、子ども世代の症状の存在を訴えた。長崎県諫早市に暮らす認定患者・下田順子さん(51歳)もその一人。小学生のとき、家の食事で汚染油を口にし、重い皮膚症状や内臓疾患に悩まされてきた。その後結婚し、汚染油の摂取から20年後に出産。生まれてきた子どもは、幼い頃から体が弱く、成長するにつれ原因不明のけん怠感に悩まされ20歳を超えた今も、さまざまな病気や体調不良に苦しんでいる。
事件発生から45年。被害者がつないできた「命」は「毒」もまたつないでいってしまうのか。番組では、下田さん親子を中心に、声を上げ始めた被害者の姿を取材、放置され続けるカネミ油症・次世代被害の実態を報告する。



ぼくはこの番組を「真相 日本の枯葉剤」の著者である原田和明さんから教えていただいて、1回目の再放送時に録画しておいたものを先日見ました。不勉強でカネミ油症事件については詳しいことを知らなかったのですが、ベトナムで使われた枯葉剤に入っていた猛毒ダイオキシンと同様のものが混入した食用油を、たまたま食べた人たちがその後の一生背負うことになった苦しみに目を背けることができなかった。勇気を持って語った下田順子さんと娘さん、下田さんは20数年前に生きてゆくことに絶望して命を絶つことも考えたと言います。しかしそれをギリギリのところで踏みとどまった。そして、何の理由もなく背負った病を受け入れ、それを乗り越えてゆく生き方を選びます。われわれのまったく知らないところで、発端はまったくの偶然から命がけの戦いをし続けてきたひとたちがいたという事実。その苦しみに対して、周囲の人間たちは、社会は、何をし、何をしてこなかったのか。まして、差別とは! その社会の中には、当然、「わたし」も含まれています。


去年亡くなられた原田正純さんは、カネミ油症についても診察や調査をされ、支援をされてきました。
原田さんは番組の中でこうおっしゃっています。
「被害者の救済、とかいうけれども、救済という言葉は違うんですよ。あの方たちには、何の落ち度もないわけですから…  われわれは「つぐない」をしなきゃいけないんです」


ぼくは、水俣の出身ということもあると思いますが、こんな方々の存在を知って、のうのうと現在の毎日の便利な生活を享受することに、なんというか、後ろめたさを感じてしまう。これは正直にそう思うので、偽善ではないと思います。この方たちに何かをつきつけられている。それを、紛らしてうやむやにしてはいけない、ととても思うんです。だからちょっと話はずれますが、(うろ覚えなので少し言葉は違うかもしれません)「わたしはその時生まれていなかった。だから先の戦争に対してわたしには何の責任もない」と言い放ったという高市早苗政調会長の言葉に、ものすごく腹が立ちます。多くの人の意見を代表すべき立場なのに、人間としての感性があまりに貧しすぎます。


番組は長期にわたる丁寧な取材で、作り手側スタッフの志、誠実さと努力にも頭が下がります。
今晩夜おそく放送されるこの番組を、どうか一人でも多くの方に見てほしい、そして何かを考えてほしい、そんなふうに思います。




もし見れなかった方には…
少し画像は荒いですが、このサイトでも見ることができます。

<span style="color:rgb(255,0,0);">NHK・ETV特集「毒と命 ~カネミ油症 母と子の記録~」/事件発覚から45年を経た現在でも、子どもや孫への世代を超えた「毒の移行問題」は放置され続けている



追記)
水俣病の場合の水銀と同じように、カネミ油症の原因物質であるダイオキシンは一旦体内に取り込まれると排出されないんですね。しかも、子どもにまで受け継がれるのです。そしてそれはまず皮膚の異常として現れ、大きなニキビ状のものが全身に現れ、じくじくと膿をもって匂いを発する。それで追い打ちをかけるようにいじめられ、差別される。聖書の中のヨブ記のように神をものろいたくなるような毎日に変わってしまう。でもそういう絶望の淵から、番組の下田さんのように、多くの方々が生きてゆく決意をする。はらわたが煮えくりかえるように思っていた病を受け入れて、です。その姿は神々しくもあります。しかし日本の社会は、官僚的な認定業務に端的に表れていますが、こういう方たちに対してとても冷たいのです。もしかしたら、ぼくが、わたしが、得たかもしれない治らない病を、代わりに引き受けてくれたのかもしれない方たちに対して、ですよ。とりあえずぼくらができることはと言えば、とにかくことの実態を知って、真摯に考えること、じゃないかと。これら文明が生み出した不幸を、関係のないことではすまされない、じゅうぶん苦しみ、しかも苦しみから解放されない方たちに対して、それがせめてもの償いではないかって、おなじ人間なら。
ともかく見てください。魂が揺さぶられると思います。
[PR]

by kobo-tan | 2013-06-14 14:12 | 社会 | Comments(0)
2013年 06月 14日

スリット入りトイレドア ~ 空を走る道路

縦に長いスリットが入ったトイレドア。こういうのは初めてつくる。

d0169209_01655.jpg


こんな建具の作り方もだれに教わったというわけじゃないけど、家具のついでにこのドアも作ってください、
と言われたら、できませんとは言えない。建具は建具屋さんの専門領域だから、家具屋はそんなに慣れてるわけじゃない。
建具は、丁番やら、レバーハンドルやら、鍵やら、金物がいっぱいだし、しょっちゅうやってる建具屋さんはあまり考えないで、
早くできるんだろうなあと思いつつ、まちがって穴なんか開けちゃいけないと、鍵の説明書見ながら慎重につくる。

d0169209_013520.jpg
d0169209_0131988.jpg
d0169209_0133239.jpg


こんな穴も、静岡時代にごくまれにつくっていた時は、後で大きなキーボックスの穴を開けるのはたいへんだから、
芯組みの時にあらかじめ空洞になるようにつくっておいて面材と練ったりしたもんだけど、それだと手間だし、
強度などの関係で、その手をすべてに応用できるもんでもないとわかり、素直に、大きな錐で穴を開けてノミでつつき・・・
と普通のやり方を慎重にやっている。

d0169209_0214379.jpg


型板ガラス「カスミ」入りののスリットはこうなり、

d0169209_0233193.jpg


表示錠付きレバーハンドルはこんなふうにはまる。





             ■                                         ■





朝3時にようやく出来たので、ものは朝積みで遅めの出発。そぼ降る雨のなかを、鎌倉女子大裏の現地へ。

d0169209_0281311.jpg


新湘南バイパスに乗るために、少し前にできた圏央道茅ケ崎~寒川北線の下を走る。
この下を通る時にいつも必ず思う。なんでこんなもんつくれんの?

d0169209_105371.jpg


細い橋脚の上に乗っている鉄とコンクリでできた道路、何十トン何百トンあるのか知らないが、
しかもその上を何十トンの大型車が走るというのに、
どんな確信があってこんなものをこの細い橋脚の上に載せられるのだろう、これをつくってる人たちは。
もしかして落ちるんじゃないか?・・・という不安はないのだろうか?
力学計算と実験と試行錯誤の積み重ねによる進歩。
綿密な材料選定と、十分な強度を保つ接合方法と、厳重な作業管理。
でも、それでも・・・・   こんなものが宙に浮いてるなんて・・・・

d0169209_0444936.jpg


たとえばここ。
ひときわ高いところ、橋脚と橋脚の間はもしかすると70~80メートルはあるかもしれない。
しかも、まっすぐじゃない!曲がってる!
あれをどうやって作って、
あれがなぜ落ちてこないのか?

その向こうの鉄塔ならまだ分かる。
でもこの道路だけはわからん!
どう考えても普通じゃないと思う。
そこまでして、車を通したいのか?

よくあるジョークだけど、
飛行機の整備士は決して飛行機に乗らない。
こんなものが空を飛ぶってことが信じられないから、っていう話。
ぼくはこっけうこれに信憑性を感じるんだけど、ね。
[PR]

by kobo-tan | 2013-06-14 01:03 | 製作例 | Comments(0)
2013年 06月 13日

木曜の朝午前3時




d0169209_3181783.jpg



d0169209_318569.jpg



d0169209_3194355.jpg



d0169209_3202221.jpg



トイレ建具の細工に若干はまってしまった。
明日、というか今日取り付けなんだから早く帰んなきゃ!
[PR]

by kobo-tan | 2013-06-13 03:22 | 製作過程 | Comments(0)
2013年 06月 11日

早くもアンティークの風合いが・・・




きょうは鎌倉S邸、島津さんちの間仕切り収納の取り付け。
ばらばらになったパネルをどかどかと部屋の中へ。

d0169209_1930283.jpg



その予算じゃ手伝い一人連れてけなーい、と言ったら、ぼくが一日手伝います、とのことでやる気満々の鎌倉名士、島津さん。

d0169209_1938551.jpg


最初は寝かせて組んで・・・

d0169209_19391167.jpg


立てた後、背板と天井板を取り付ける。

d0169209_19451136.jpg


通路側のシナの化粧ベニヤを穴開き両面テープとボンドで貼り付けてはがれないようによーく抑える。

d0169209_19475035.jpg


羽目板も嵌めてめでたく完成。

d0169209_1949124.jpg


スイッチボックスのニッチもイメージ通り。

d0169209_1953463.jpg


腰壁とタモ集成の側パネルもイメージ通り。

d0169209_19533798.jpg


収納側は・・・

d0169209_19554539.jpg


なんだか早くもアンティークの風合いが・・・

d0169209_200395.jpg


中の色も渋くてなかなかいい。真鍮のハンガーパイプがカッコイイ!

d0169209_204336.jpg


助手の責任も果たせてご満悦の様子の島津さん。

d0169209_2062034.jpg


「ここに廊下ができたのがなかなかいいね」

d0169209_20123216.jpg


ホント、なかなかいいと思います!
[PR]

by kobo-tan | 2013-06-11 20:15 | 製作例 | Comments(0)
2013年 06月 11日

「図書館mini戦争」



先日の夕方ほんのちょっと空いた時間を使ってせっせと見た、2008年製作の夏帆主演映画「砂時計」。
キャスト、スタッフともに丹念な心こもった誠実な仕事で、夏帆もこの映画も佐藤信介監督の演出もいっぺんで好きになった。

映画の文体、
構図と色と光のデザイン、
テンポと間とカメラの動き、そして音楽。

自然さと物語と、ささやきとクローズアップと表情と目の芝居。
そしてなんといっても、本を読む人の美しさ。

これらをほんの短い時間で堪能できる素敵なショートムービーを佐藤監督のオフィシャルサイトから。
この監督、胸がキュンとなる話を撮るのがホントにうまい。
最後の言葉のなんとステキなこと!








[PR]

by kobo-tan | 2013-06-11 02:27 | 映画・ドラマ | Comments(0)
2013年 06月 07日

再び、解体して塗装



きのう午前2時に塗装終わって、これを書いていたら、気付かぬうちに机に突っ伏してことんと寝ちゃって気づいたらもうあたりは明るい5時に。
さすがにこりゃ帰って風呂入ってめし食って(1時間でも)寝なきゃ徹夜になっちまうでねーか、ともうろうとする頭を叩き起こして帰って風呂入って
2階に上がっていったら女房が娘の弁当を作りはじめてた。 「ごはん食べるの?」 「うん」 夫の行状が悪いのはとうにあきらめてる風である。



きのうの続き―――

d0169209_12271861.jpg


腰壁に使う羽目板だけでも26枚ある。

d0169209_12271939.jpg


塗料は、オスモワンコートオンリー・ローズウッド。

d0169209_12393853.jpg


こんなふうになるのである。


d0169209_1375234.jpg


今回、予算の関係もあり、そしてSさんがラワンのこげ茶塗装もけっこう好きなこともあって、収納側の材料はラワンを使ったんだけど、
ラワンを濃く着色する時には材料屋に「なるべく濃い色のラワン持ってきて」といつも言っていて今度もそうしたんだけど、
この塗料、普通のカラ―オイルよりも顔料分が多いようでラワンがタモに比べて濃くなりすぎたみたい。たしかにタモの色自体は、
濃いめの「赤ラワン」よりも普通の白っぽい「白ラワン」の方が近いもんな。色合わせするんだったら白ラワンの方がベストチョイスだったかな、
とちょっと気分暗くなったけれど、塗ったもんはもう仕方がない。納まってしまえばこれはこれで迫力があるにちがいなく、
Sさんも前回のタモのキーボックスでは、タモ突き板と、濃いめのラワンと2種類つくった引き戸のラワンの方をむしろ使ってたし、と思いなおし、
これはこれで気に入ってくれそうな気もしてきた。

d0169209_1257760.jpg


羽目板もアンティーク風に。

d0169209_130401.jpg


抽斗前板も塗って、これ、収納側はけっこうアンティーク風になるんでねえか?
抽斗の取っ手も真鍮のレトロスタイルのを買ってあるし、中に嵌めるハンガーパイプも真鍮だし。

d0169209_1312770.jpg


スイッチボックスのでっぱりも、表側はきちんと養生して塗りました。
あとはこのまま乾かして、最後の難所、現場組み取り付けあるのみ。
[PR]

by kobo-tan | 2013-06-07 13:11 | 製作過程 | Comments(0)
2013年 06月 07日

解体して塗装




d0169209_2243882.jpg


この間仕切り収納、大きいし重いので解体がたいへん。組み立てたときのことを思い出して、その逆の順序で、
慎重にひとつひとつばらしてゆく。その解体の順番もよく覚えておく。これを現場で組むときにまたその逆順で、組まなければならないので。

d0169209_231277.jpg


地板はポケットホールで組んである。

d0169209_2315489.jpg


はずしたビスは現場組みの時にすぐ迷いなく使えるように、箱に種類分けして入れておく。

d0169209_2351498.jpg


塗装の準備を整える。

d0169209_2373169.jpg


それぞれのパーツ、特に集成材は、水引してサンダーをかけ、すべすべに素地調整。
[PR]

by kobo-tan | 2013-06-07 05:09 | 製作過程 | Comments(0)
2013年 06月 06日

大きな間仕切り収納




先週から取り組んでいた鎌倉Sさん宅の間仕切り収納。
大物なので、工場で一度かたちにしてからばらして塗装、そのまま搬入して現地で組み立て、そんな段取り。
毎日午前様になりながら、なかなか最終形にならなかったのがやっと組みあがった。


d0169209_0281258.jpg


現地組みでもあり、外側ほとんど化粧でもあり、カチットを多用することに・・・

d0169209_031411.jpg


Sさん宅の造作家具類はタモの集成材・大きめのアール面取り、こげ茶塗装の仕様なのでそれに合わせて6Rの面を取る。

d0169209_0351996.jpg


通路側に貼る予定のシルバーパインの腰壁・羽目板。

d0169209_0381982.jpg


各パネルの細工が終わり、きれいに掃除して組み立て準備OK。

d0169209_0394032.jpg
d0169209_0405965.jpg
d0169209_0402957.jpg

d0169209_0485595.jpg


これは、ドアのすぐわきにある電燈スイッチにちゃんと手が届くようにするための細工。

d0169209_2595881.jpg
d0169209_2593682.jpg
d0169209_305156.jpg
d0169209_302089.jpg

d0169209_385596.jpg

d0169209_315093.jpg
d0169209_325942.jpg

d0169209_3112034.jpg

d0169209_345174.jpg


これから、ばらして塗装。まだまだ終わりません。
[PR]

by kobo-tan | 2013-06-06 03:16 | 製作過程 | Comments(0)
2013年 06月 03日

『花は咲く』



この動画、好きなんですよ。

たまたま見つけて、もう何回も何回も見てるんだけど、飽きません。
子供って、作為がないからでしょうか。イヤミがない。あまり、うまく歌おうとしてないところもいい。
あかるく、元気いっぱい歌ってればいいんです。
みんな花なんか持っちゃって、かわいい。


何度も何度も見てると、
みんなどこから来て、どこへ行くんだろ、なんて。
つかのまのいま、そこにいて、みんなと「花は咲く」なんてうたってる。
なんか、いとおしいなー、なんて。


なんとなーくこころ晴れない時でも、これを見てるとそんなこと忘れます。








追記)
何度見てもこのビデオ、映像のちりばめ方、バランス、引きと寄りの按配、二度ほど入る黒味まで、うまいなーと思います。
もしかしたらこれ、岩井俊二が編集したんじゃないか、なんて思いました。この歌の作詞者ですからね。
[PR]

by kobo-tan | 2013-06-03 01:27 | 音楽 | Comments(0)