つくりものがたり

kobotan.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 30日

大竹伸朗!



d0169209_21161180.jpg展覧会も行ったことないし画集も本も持ってないけど、なんかずっと前から気になってた人、大竹伸朗。
今日は偶然、その人の動画に行き当たった。ラッキーである。

大竹心労、ああ、なんで「しんろう」がこうとしか変換されない? 心労でなくて伸朗。そんなにみんな心病んでるのか?、現代は。
大竹さんのつくるものはその反対であるのに。

動画はもう10年以上も前のNHKの特集番組。昼に1回、夜に1回見て、2度とも面白かった。





生涯に7万点だか8万点だかの作品をつくったっていうピカソももしかしたらこんなふうだったのかもしれない。
とにかくこのひと、やんちゃで、いつもいろんなもんを面白がろうとしてて、そういう目で世界を見てるからいろんなとるに足らんもんがひっかかってくる。

スクラップブックの中にあった、プラモデルのパーツを切りとった残りのとるに足りないプラスチックの枠。これがいい、っていう大竹さん。ぼくはそれ、ものすごくわかる。
あそこんとこで彼が言ってること、ものすごく共感しますね。それから、覗き岩の食堂。なによこれ、みたいなもんだけど、ぐっとくるんだなぁ。
缶バッジをつくる人生もいいなあ。

このひとはなんか、存在そのものが魅力あると思うな、やっぱし。こういう人に触れると、村上隆も会田誠も松井冬子も、お金とエロとグロに淫した自意識過剰の退廃にしか見えない。

24年前にもう東京はいいから、ともかく東京から出ようって思ったのは、東京にはスキ間がない、どこもかしこも人間の意図が及んでいて、
ほっぽらかされてるどうでもいい空間がないと思ってこりゃあ息がつまると飛び出してしまったんだけども、都市っていうか、人間が意図的につくってきた空間には、
やっぱり作為ばかりがあって、自然さが足りないんだよなぁ。





この間読んだ、鴻上尚史の「ヘルメットをかぶった君に会いたい」という小説に、筑波大学では自殺が多いという話の続きにこんなことが書いてあった。

……けれど、これは、筑波学園都市だけの問題ではない。人工的に作られ、集められた街では、人は死ぬのだ。
ある社会学者の人と話していたのだが、人間は、集まるためには集まるだけの理由が必要だという。
どうしてそこに住むようになったのか?
どうしてそこに街ができたのか?
大きな川のほとりだったり、肥沃な土地だったり、入り江だったり、大きな街と街の中間だったり、土地には必ず、人が住みついた理由があり、つまりは「物語」がある。人は、その「物語」に安心するという。
けれど、新興住宅地には「物語」がない。それは、不動産屋さんの計画だったり、お役人の線引きでしかない。
最近の幼児殺害や親殺しの多くは、この新興住宅地で起こっている。
新興住宅地は、おしなべて、清潔だ。町並みは整然と美しく、クリーンで、整えられている。そして、物語がない。





じつは昨日も、家族で去年辻堂駅前にできたテラスモールへ行ったんだけど、たしかにキレイでキラキラ光っていて人が集まってくるのわかるんだけど、ここにいると疲れるんだよな。
圧迫感があるんです。この空間にはあらゆるものに目的と意図があって作為に満ちている。しかしきれいに、「物語」がないんだな。

街がこの先、こんな場所ばっかりになったら、人はそこに安住できるのかなって思ってしまう。大竹さんの、直島の「落合商店」を見て、なんかこんなことを考えてしまった今日この頃でありました。







[PR]

by kobo-tan | 2013-09-30 22:55 | つぶやき | Comments(0)
2013年 09月 30日

家具づくりの手順  ~パネルソーによる切り回し




家具屋さんのHPやブログたくさんありますけど、あんまり作り方の手のうちを明かしてるものはないみたいなので、
僕がこのブログでこんなふうにつくるんですよと写真入りで説明すると、つくり方がよくわかっていい、なんて(特に設計の森さんなんかには)評判いいものですから、
今回は「切り回し」編とまいります。


中空芯のパネルを使うフラッシュものの収納なんかの一般的なつくり方は、

  形と寸法の把握(バカ棒つくり) → 芯材による芯組み → プレスによる練り付け(面材との接着) → パネルソーによる切り回し → 墨付けといろんな加工 → 組み立て 

だいたいこんなふうに進めていって、そのあと小口テープ貼りとか、化粧面の後貼りとか、扉の製作吊りこみとかあって完成と相成ります。


つい先週完成した大物クローゼットを例に紹介しますと…

d0169209_16123961.jpg


まず、かたちと寸法を確認しながら、間口、高さ、奥行き方向のバカ棒をつくります。ここで間違ったらスタートで躓くので、
慎重に集中して図面を何度も確認しながら実寸で書き写します。


d0169209_16183968.jpg


4台ジョイントのクローゼットのそれぞれの側板、天板、地板、16枚の分量。背板は大きいのでこのパネル立てには載っていません。


d0169209_1881682.jpg


切り回しをするパネルソー。8尺2400mmサイズのものです。真ん中を丸ノコがいちばん上までのぼっていって刃が溝から出てきて降りてきて切断します。
正味2600mmくらいまで切ることができます。
このクローゼットの内法の奥行きが555mmですので、まず側板、地板、天板すべての奥行きを切ります。

d0169209_1818171.jpg


パネルソーにはこの定規が、上、中、下3か所についていて、

d0169209_18195398.jpg


コンパネでつくった200mm幅の縦定規を

d0169209_18204345.jpg


こんなふうに当てがって、上から下まで完全に平行に切れるように、


d0169209_18242011.jpg


この定規の目盛りを合わせます。
この平行の精度によって、組んでゆく時の能率が大いにちがってくるので、かなり慎重に、上下ひっくり返して確認しながら合わせます。

d0169209_18293891.jpg


この、奥行きを落としてゆくときに、間違えないようにパネルの番号を書いてゆきます。僕の場合、右から1,2,3・・・ 上から1,2,3・・・で、芯を組んだ時にすでに書いてあった番号を書き写します。


次に、パネルの側板は高さ、天・地板は長さを切ります。
たいていの場合、縦勝ちにして組むので、高さは寸法通り。
でも天板・地板は、側板分の厚みを長さから引かなければならないので、

d0169209_18432591.jpg


こんなふうに、側板の切り落しを定規にはさんで切るというわけ。
この切り回しの作業、これくらいの分量があると、慎重に集中してやって、2~3時間はかかります。
ここで間違えるとリカバリーにまた時間がかかるので、一番集中度の高い作業かもしれません。
ここでの寸法の精度が、とくにジョイントものなどで後後の出来に大いに関わるというわけなのです。
[PR]

by kobo-tan | 2013-09-30 18:53 | 製作過程 | Comments(0)
2013年 09月 30日

Mさんのメガネトレー




群馬県高崎市で長年メガネ店に勤めていて、今度独立して自分の店を持たれるMさんからメガネトレーの注文をいただいた。
こじんまりしたお店なのでと10枚だけの注文だったけど、久しぶりのメガネトレー、中の格子が曲がったり、反ったりしないようにと
慎重に丁寧につくりました。原木さんのツヤあり塗装も今回はなかなか素晴らしい出来です。


d0169209_1536657.jpg

[PR]

by kobo-tan | 2013-09-30 15:37 | 製作例 | Comments(0)
2013年 09月 30日

すっかり、秋。



気がつくと9月も晦日。忙しさにまぎれて更新をさぼってるうちにいつの間にか辺りはさわやかな秋の陽気に変わっておりました。
こちらはフリーハンドイマイさんからの依頼でつくったタモ框扉のクローゼット。W1700,H2100,D600のそこそこ大物です。

d0169209_1448426.jpg


d0169209_14534531.jpg


たぶんガラリ扉のイメージなんだと思いますが、框の中の鏡板はタモの柾目の横貼りです。

d0169209_14561014.jpg


横框は一丁取り。(一本の材をつなげてとること) 縦框も隣り合うところは一本の材をつなげてとるようにしました。

d0169209_14594151.jpg


d0169209_1561159.jpg


抽斗も扉も、U溝を掘って手掛けにするデザインです。

d0169209_1510446.jpg


d0169209_1511325.jpg


開き扉には耐震ラッチを取り付けています。

d0169209_15134473.jpg


こちらは、たぶんコートなどを入れる玄関収納。開き扉の全面が鏡張りになっています。

d0169209_15154126.jpg


d0169209_15171532.jpg

[PR]

by kobo-tan | 2013-09-30 15:19 | 製作例 | Comments(0)
2013年 09月 23日

魂のために



ご飯を食べてゆくための仕事の時間はまあ別にして、
それ以外の時間をどう使ったかを自分はあまり意識はしなかったけれど、二つに分けていた。
「気晴らし」か「歩み」か、というふうに。
たとえばパソコンの前に座ってる時間はほとんどが「気晴らし」
本を読んでる時間は「歩み」
「気晴らし」は魂のためにはあまりよろしくない。

「歩み」の方が集中力を要するし、
「気晴らし」の方が当然だけど、楽だ。
でも、今日は「気晴らし」にこんなに時間を使っちまったと思うと自己嫌悪に陥るところを見ると、
どうも人生は苦しむべきものみたいだ。
苦しいことのほうが、魂の栄養になる。


「気晴らし」をしすぎたとき、「ああ、日々を尉安が」ってこれを思い出します。



日々を尉安が  <吉野弘>


日々を慰安が
吹き荒れる。

 
慰安が
さみしい心の人に吹く。
さみしい心の人が枯れる。
 

明るい
機知に富んだ
クイズを
さみしい心の人が作る。
明るい
機知に富んだ
クイズを
さみしい心の人が解く。

  
慰安が笑い
ささやき
うたうとき
さみしい心の人が枯れる。
 

枯れる。
 
 


なやみが枯れる。

  

ねがいが枯れる。
 


 
言葉が枯れる。

[PR]

by kobo-tan | 2013-09-23 13:49 | つぶやき | Comments(0)
2013年 09月 11日

間仕切りカウンター(兼テーブル)




d0169209_9393865.jpg

この間仕切りカウンターは、現場配送予定の石目のコーリアン(人造大理石)が上につくので、ひとまずこれで完成。


d0169209_9421961.jpg
d0169209_942291.jpg

下の扉は手間いらずのプッシュオープンにしました。押すと開く、また押すとこのクワガタが扉裏の突起をがしっとくわえこんで保持します。
地震の時も開かないので、耐震ラッチのはたらきもあり。


d0169209_947178.jpg

ダイニング側がなぜこんなふうにえぐれてるかというと、注文主のOさんがここでも椅子に座って食べたりできるようにしたいということで、
坐りやすいように天板の下をすこし引っ込めたのです。たぶんここには、バースツールみたいなちょっと高めのスツールが置かれることになります。
[PR]

by kobo-tan | 2013-09-11 09:54 | 製作例 | Comments(0)
2013年 09月 10日

間仕切りカウンター、に近づいてるところ




d0169209_13494773.jpg


これは逆立ちじゃなく、横立ち。
背板がサイドパネルの中に入ってるため、サイドパネルを最後にとりつけ。



d0169209_1351464.jpg


逆側



d0169209_13523462.jpg


本日(9日)は、抽斗内箱納めるとこまで。

これはキッチンバック、ダイニングとの境に置く。
右抽斗の下はゴミ箱スペース。


d0169209_1412450.jpg


右抽斗下の白いパネルは、抽斗がスライドレールだからべつに必要ではないんだけど、
下にゴミ箱を置くので、気を使いました。すぐ上にカトラリー、じゃねぇ。
これないほうが、抽斗容量は増えるんですけどね。
[PR]

by kobo-tan | 2013-09-10 13:56 | 製作過程 | Comments(0)
2013年 09月 09日

間仕切りカウンター、になる予定





d0169209_1145565.jpg


こんなアクロバティックな組み方しなくたって…



d0169209_1164682.jpg


これまだ逆さまですから。
[PR]

by kobo-tan | 2013-09-09 01:18 | 製作過程 | Comments(0)
2013年 09月 08日

時代


d0169209_22335933.jpg2020年のオリンピックが東京に決まったんだと、今朝起きたらカミさんが憤慨しながら教えてくれた。

地球の裏側まで行って、
そんなことで浮かれてる連中の映像なんて見たくもないから。
「汚染水は完全にコントロールできている」なんて嘘を世界中にバラまいた恥知らずの顔など見たくもないから。

最優先事項を糊塗し隠蔽し先延ばしするために無責任為政者が意図的に仕組んだお祭り騒ぎに、
はしゃいでるやつはそれで金もうけしようと思ってるやつだけだろう。


9月1日に日比谷公会堂で開かれた「さようなら原発講演会」で、落合恵子さんがこういうことを仰ったそうだ。

・・・・・先日、福島の中学生、高校生とお話をしました。「私たちは、僕たちは、原発を一度も選んでいないんだ」と言っていました。子どもたちは、若者も含め原発を選んでいないのです。「大人たちが勝手に原発を選び、作っておいて、それを私たちにどうにかしろというのですか?」という問いかけに私たちはどう答えられるのでしょうか?



2013年という今は、いったいどんな時代なのだろう。
今がどんな時代か、いまを生きている人間にはわからなくて、長い年月がたってはじめて、あああのときは、あんな時代だったとわかるのか。
そんな時代もあったね、と、いつか話せる日が来るのだろうか。
あんな時代もあったねと、きっと笑って話せるのか?


強欲のことを greed って言う。アメリカという国を根本的に動かしてきたのはそれだと思っていた。
リーマンショックが起こって世界中がたいへんなことになってるときに、ウォール街の連中はそれでも金もうけしようとしてることに呆れた。
ところが今は日本も同じだ。
いつから強欲と無関心が時代を動かすようになったのか。


たぶん多くの人の思惑とは裏腹に時代は流れている。
たぶん多くの人の願いを踏みにじって、明日へのレールが敷かれようとしている。


中島みゆきの「時代」は祈りの歌だ。それは懸命に生きた人にだけ微笑む。
この時代の中で、ぼくらはどう懸命に生きればいいのだろう。





[PR]

by kobo-tan | 2013-09-08 22:28 | つぶやき | Comments(0)
2013年 09月 02日

美ヶ原高原




遅い夏休みをとって行った長野美ヶ原高原。
9年前にも、ほんのさわりだけ歩いたことがありましたが、
今回は1日かけて頂上付近をハイキングしました。

d0169209_035654.jpg


こんな風景は、19年前に中国内モンゴル自治区を旅した時以来です。
よく晴れ渡っていましたが、冷たい風がビュービューと絶え間なく吹きつけておりました。
頂上は標高2034メートル。
標高2000メートルを超えたのはおそらく初めてだと思います。

d0169209_0431288.jpg


うちは女系家族です。

d0169209_044225.jpg


天狗様の像が、頂上で見守っておりました。
[PR]

by kobo-tan | 2013-09-02 00:50 | つぶやき | Comments(0)