つくりものがたり

kobotan.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 03月 15日

ナラ材の壁面収納 納まりました。




2月12日と13日に掲載したナラ材の壁面収納が、きれいに納まりました。
うれしい。


d0169209_0125884.jpg



d0169209_0133952.jpg

[PR]

by kobo-tan | 2015-03-15 00:15 | 製作例 | Comments(0)
2015年 03月 05日

メディアの権力





FBからの転載。




ニューヨーク・タイムズ東京支局長のマーティン・ファクラーさんに、まったく同感。
平和国家の道を維持するのか、欧米列強十字軍の仲間に入れてもらおうとするのか、戦後最大の転換点にあるこの時に、最大の平和ボケはマスメディア。高給取りマスコミ人種は、みなサラリーマンになったのか?その方が売れるからと、連戦連勝の記事ばかり載せ続けた、昭和10年代の新聞とどこがちがうのか?
マスコミで働く人たち、あなた方はサラリーマンであってはダメ。自らの責任の重さを自覚せよ。



1980年代にデビッド・ハルバースタムの「メディアの権力」って本がありました。メディアに携わっている人たちは、ネットが普及した今日でも、やはりある特権を持っている人たちで、それは人心を操作できるという「権力」を持っているということなんです。ぼくの知っているマスコミの人はいい人だけれど、権力は常に批判にさらされなければならない、そしてそれに応えなければならない、と思います。




<NYタイムズ東京支局長のインタビュー記事より>

過激派組織「イスラム国」による邦人人質事件で2人が殺害されてから1カ月が過ぎた。
テロを含めた国際情勢にどう向き合っていくのか-。米有力紙ニューヨーク・タイムズ東京支局長の
マーティン・ファクラーさんは、日本が重大な局面を迎えているにもかかわらずさほど論議が
交わされていないことが不思議でならない。その背景にメディアが機能していないことを指摘する。

■「列強」への道
日本はいま、重大な局面を迎えています。平和主義を守り続けるのか、米国や英国のように
「列強」としての道を歩むのか。その判断を突きつけられたのが、今回の事件だったのです。

安倍首相が望んでいるのは後者です。かねて「積極的平和主義」を掲げ、米国の有力な同盟国として、
国際社会の一員として、役割を果たすことの必要性を強調してきた。

今回の中東諸国訪問は、安倍政権の姿勢を世界に示す大きなチャンスと考えていたのでしょう。
湯川遥菜さん、後藤さんの殺害が予告された後も、安倍首相は「テロに屈しない」と強硬姿勢を崩さず、
最終的に2人は殺害されました。

私にとって、政府がテロリストとの交渉を拒んだことは、何の驚きもありませんでした。
安倍首相は今回の事件を「国民が犠牲になったが、テロリストとは交渉しなかった」と米国や英国に
アピールする材料にするつもりだろうと思っていました。

日本はこれまで「八方美人」でした。どこの国とも仲良く、その代わり、どこにも敵をつくらない姿勢を
貫いてきた。安倍首相が描く国家像は真逆です。米国との同盟を強化し、国際社会における存在感を
強めようとしている。当然、リスクは増え、敵も多くつくることになるでしょう。

国家として重大局面を迎えているにもかかわらず、なぜ日本のメディアは国民に問題提起しないので
しょうか。紙面で議論を展開しないのでしょう。国民が選択しようにも、メディアが沈黙していては
選択肢は見えてきません。

日本のメディアの報道ぶりは最悪だと思います。事件を受けての政府の対応を追及もしなければ、
批判もしない。安倍首相の子どもにでもなったつもりでしょうか。保守系新聞の読売新聞は以前から
期待などしていませんでしたが、リベラルの先頭に立ってきた朝日新聞は何をやっているのでしょう。
もはや読む価値が感じられません。

私がいま手にするのは、日刊ゲンダイ、週刊金曜日、週刊現代といった週刊誌です。
いまや週刊誌の方が、大手紙より読み応えがあるのです。

安倍政権になり、世論が右傾化したという人もいますが、私はそうは思いません。
世論はさほど変わっていないでしょう。変わったのは、メディアです。



東京支局長のマーティン・ファクラー氏
d0169209_171515.jpg
[PR]

by kobo-tan | 2015-03-05 17:06 | 社会 | Comments(0)
2015年 03月 03日

台形の変形ものをつくる時




また、昨年秋の製作例。
鎌倉の友だちの島津さんが燻製チーズ屋さんを開いたので、開店祝いに納めた階段下の収納。
90°ではない角度を含む箱をつくるときに、ぼくのやっているやり方です。


階段下のスペースにぴったり入る、吊戸棚をつくるんですが、
まず、400mm角くらいの正方形のベニヤ板を2枚持って現地調査に行きます。
d0169209_12335699.jpg

これがその場所。

d0169209_12324977.jpg

右上の90°ではない角度をいかに正確に測るかがポイントなので、ここにベニヤの1枚をまず天井にくっつけて、
右の頂点にもくっつけてあてがい、次にもう1枚を、同じく頂点にくっつけながら、右の斜めの面にぴったりくっつける。
そして、上のベニヤが下のベニヤに重なったところに鉛筆で線を引き、工場でその角度を再現できるようにしておく。

d0169209_12411290.jpg

左上のこっちの角度のほうは、いちおう直角のはずですが、念のためここにも正方形のベニヤをあてがい、確認しておく。
そして、工場に帰ったら、このスペースがすっぽり入る大きさのベニヤ板に、なるべく正確に角度を写し取りながら、原寸図を書きます。
それにあてがいながら作っていくというわけ。


d0169209_12454596.jpg
d0169209_1245535.jpg


こんなふうになります。

d0169209_1332516.jpg

オスモ・ローズウッドで塗装。

d0169209_134939.jpg

ここはとても塗りにくいので、細い筆などを使って、狭い入りズミに白い塗り残しが出ないように塗る。

d0169209_1372796.jpg

で、取付も、どこも削るところなく、ほぼピッタリとはまりました。めでたしめでたし。
[PR]

by kobo-tan | 2015-03-03 12:49 | 製作例 | Comments(0)
2015年 03月 02日

「幕が上がる」



映画「幕が上がる」、2/28より公開中。
YTにあるこの動画、もう何度も見てるけど、見るたびに涙出そうになる。



最後のジョバンニの独白

……
カンパネルラ!
ぼくは、きょうの、学校での最後の時間、
ほんとうはねむっていませんでした。
いや、ねむっていたのだけど、
きみの声に、起こされた。
きみはぼくをかばってくれたけど、
でもきみは、きみとぼくはひとつではないと言った。
ぼくはとても悲しかった。
悲しかったけど、ほんとうにそうだと思った。
どこまでも、
どこまでもいっしょに行きたかった。
でもいっしょに行けないことは、
ぼくも知っていたよ。


カンパネルラ。
ぼくにはまだ、ほんとうの幸せがなにかわからない。
宇宙はどんどん広がっていく。
だから、
人間はいつもひとりだ。
つながっていても、
いつもひとりだ。
人間は、生まれたときから、
いつもひとりだ。
でも、ひとりでも、
宇宙から見れば、みんないっしょだ。
みんないっしょで、みんな、ひとりだ。


(後ろのほうに立っているカンパネルラに気づく)
カンパネルラ!
(カンパネルラがクルミを叩く、カチカチ)
クルミだ。
(ジョバンニ、ポケットからクルミを出す。クルミを見て)
このクルミは、
たしかにぼくの手の中にある。
(カンパネルラに)ぼくもずっと持ってるからね!(カチカチ)
(カンパネルラ応える、カチカチ)

カンパネルラ!
また、
いつか、
どこかで!

(ふたり、手を振り合う。振り合ううちに、幕)








[PR]

by kobo-tan | 2015-03-02 17:59 | 映画・ドラマ | Comments(0)