つくりものがたり

kobotan.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 28日

島什器




壁などに固定されるものではなく、お店の空間の中に置かれて、前後左右上面すべてが見える什器を「島什器」と言ったりします。
壁にくっついていないキッチンをアイランドキッチンというのと同じ。
下面以外はすべて化粧面で、ビスなど見えてはいけないので、相応に手間がかかります。
これは、平塚美術館の中にあるパン屋さんの、商品を載せる什器です。

d0169209_19101795.jpg


d0169209_19104741.jpg

下にキャスターがついていて動かせます。

d0169209_19172367.jpg

タモの突き板に、サンメントという什器でよく使う飾り面を嵌めこんでいく作りです。

d0169209_19195452.jpg

このサンメントを額縁のように嵌めこんでいくのですが、45度の留め先のところに隙間があいてしまうとカッコ悪いので、
慎重に長さを切って行き、きつめに嵌る長さで止め、まず短い方を嵌めて、次に長い方を少したわませながら、
ギュっとはめ込むのがコツ。

しかし今回のは幅45mm、高さ21mmというけっこう大きなものだったので、接着をどうするかで手間取ってしまった。
大きくなると、切り口の小口面積が大きく、横の材との接触面が大きくなるので、きつめだとなかなか入りにくく、
ハネムーンボンドを使ったり、瞬間接着剤を点付けしたりしましたが、はじめに入れた材がすぐ固定されてよけいに後の材がはまりにくくなるので、
最後は普通の白ボンドを点付けしてぎゅっと嵌めてしばらく放置。これがいちばん早かった。
個別の条件に合った、最適の方法を見つけるのはむずかしいものです。


d0169209_19395658.jpg

周囲ぐるぐる化粧なので、側面と背面との2か所の角は今回「ヒモを回す」というやりかたで納めました。

突き板が横目使いでもあり、無理して突き板同士の留め加工にすると、角先が極端に弱くなり、何か当たるとすぐ破損する。
かといって、下地のラワンが見えるのでペーパーで丸めることもできません。
こういうときは突き板と同じ厚みの、2.5mm角の細いタモ無垢材を瞬間接着剤で角に埋め込みます。
無垢材と突き板が完全にツラになるまで調えてから、無垢材の角を1.5~2アールくらいに面取りします。


d0169209_19523847.jpg

天板のすべての角も、1.5アールくらいに面を取って、ぶつかっても危なくなく、どこを触っても手に馴染みのあるような仕上げをして完成です。
[PR]

by kobo-tan | 2016-04-28 19:57 | 製作例 | Comments(0)
2016年 04月 23日

袴田君の工房 "WALDEN"




昨日は、東京千代田区にある森タワーレジデンスへ大きなチークの建具を納品に行った帰りに、
八王子にある家具屋仲間の袴田大介君の工房 "WALDEN"に寄ってきました。

d0169209_13573430.jpg


去年5月に工房を移転して、ショールームも併設したということなのですが、来てみてその広さにびっくり。


d0169209_14135245.jpg
d0169209_14144336.jpg
d0169209_14145428.jpg
d0169209_14161077.jpg


自作の建具に、オーク材のフローリング、天井のレッドシダーの羽目板など、大工さんと協力して、
内装もかなりこだわって、がんばって作ってありました。

d0169209_14194069.jpg

d0169209_1424796.jpg

チェリー材の収納や、

d0169209_14251668.jpg

d0169209_14254074.jpg

ウォ―ルナットの収納。

d0169209_14263656.jpg

d0169209_14265139.jpg

細部の工夫も見て楽しい。

d0169209_1428529.jpg

オークのテーブル

d0169209_14285963.jpg
d0169209_14315164.jpg
d0169209_1432408.jpg

ウォ―ルナットやチェリーのテーブル

d0169209_14334560.jpg
d0169209_14335617.jpg

オークやウォ―ルナットのソファーもあり、

d0169209_14343982.jpg

黒の鉄脚にも工夫があって、すっきりしたデザイン。

d0169209_1438349.jpg

独立して6年目でまだまだ若い袴田君ですが、よくここまで頑張ったなあと感心してしまった。

d0169209_1440049.jpg

作業スペースも広々としています。

WALDEN のホームページはここです。
友人に頼んで作ってもらったとのことですが、とても美しいホームページで、これまで作った家具も、
すっきりとまとめられていて、袴田君の家具の多彩さがよくわかります。

家具好きの方、どうぞここへ訪問されますように。
いろいろな家具に見入ってしまって時間を忘れること請け合いです。

これからもお互い頑張ろうねということで工房を辞して、愛車キャラバンに乗り込み、
1時間後にはもう茅ヶ崎の我が工房に着いておりました。
そうなんです。圏央道が開通したおかげで、すぐ近くの「寒川南」の出入口を利用すれば、
八王子JCTまで30分で行けるようになったのです。
[PR]

by kobo-tan | 2016-04-23 15:03 | つぶやき | Comments(0)