つくりものがたり

kobotan.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 03日

自転車壁掛けボックス



Oさんからのもうひとつの注文は自転車を壁にかけてつるしておくためのボックス。
海外のDIY系サイトから見つけたこういうもの。

d0169209_20300871.jpg
材はロシアンバーチ(白樺)合板で、オイル仕上げ。
d0169209_20352180.jpg
壁に箱の内寸と同じ大きさのブナの無垢材を先にしっかりと取りつけ、
そこに箱を差し込んで、上下からジョイントコネクターボルトをねじ込んでしっかりと固定します。
d0169209_20405258.jpg
d0169209_20413214.jpg
d0169209_20414565.jpg
d0169209_20420668.jpg

[PR]

# by kobo-tan | 2018-05-03 20:43 | 製作例 | Comments(0)
2018年 05月 03日

レッグジョイント金物を使った丸テーブルの製作  2




この丸テーブルは、浜松在住の旧知の建築家、Oさんから初めて直接いただいた仕事でしたので、
いつもにも増していいものを作らなきゃととりかかったものでした。
しかも、900mm角の接ぎ板を丸くして、等間隔の位置に4本の脚が付くので、
天板に反りが出るととたんに脚のガタツキが生まれます。それで板接ぎをして丸くしてから、
前項でも書いたように、かなり時間をかけて、カンナで削って平(たいら)を出して、
もうこれでいいだろうというところで、脚金物の加工をし、天板表面には4回、脚には2回、
オスモオイルの拭き上げ仕上げを施しました。

しかし、もうひとつの注文いただいていた「自転車壁掛けボックス」を作っている間に、
天板にまた若干の反りが出てきました。
反りは主に木目方向ではなく、板の幅方向、接いだ方向に出ます。
木目方向の直角、円の中心を通って、接いだ方向へ1m定規を載せると、
円の両方の端が、正確に測ると、2.3mmのすき間が出ていた。
すなわち、幅方向で見ると、丸テーブルのセンターが、2.3mm上の方へ出っ張る状態の反りが出ていて、
台の上に置いて上面だけ空気に触れさせて乾燥する状態で数日置くなどいろいろ試みましたが、
何をしても、その状態でとりあえずは安定しているようでほとんど変わりません。

最初に、脚の位置を天板のどこに加工していたかと言うと、

d0169209_16324616.jpg
はじめにいただいた図面で、脚がこの向きと配置になっていたので、
それについて検討を加えることなく、この位置に決めてしまったのですが、
考えて見るとこれは、もし反りが出た場合に最もその影響を受けてしまう位置でした。
カンナでほぼ平らを出したから大丈夫という予断もあったと思いますが、いささか迂闊でありました。

2mm程度の反りはテーブルとしての使用にはほとんど支障はなく、目で見ても、真横からよほど矯めつ眇めつ眺めなければわからない程度の反りですが、
4本の脚の間に2.3mmの高さの差があれば、当然ガタツキが出ます。もし、脚が3本なら、絶対にガタツキは出ないのですが。
余談ですが、これ、中2か中3の数学でやりましたね。2点を結ぶと線分となり(2次元)、3点を結ぶとただひとつの平面が決まる(3次元)。
逆に言うと、3っつの点(3本脚)は常にひとつの平面上(床の上)にあるということ。これが4っつの点(4本脚)となると、
最後の4点目が確実に他の三点が作る平面上にあるようにしてあげないと、ガタツキが出るというわけです。

図中の2本の棒のようなものは特注で作ってもらった反り止め金物を付ける位置です。
この反り止めも、前回、クルミの無垢の扉の反り止め用に考えたものと同じものを発注したのですが、
扉の厚みは20mmで、今回の天板はクルミよりも硬くて重いビーチ(ブナ)材の33mm厚。その反りを補正するには、
もっと分厚くて、L型でなくU型の金物にする必要があったようです。

このガタツキを解消するために、まあいろいろ考えたのですが、いちばんいい方法は、やはり脚の位置を変えることでした。

d0169209_17162100.jpg
これが、長方形のダイニングテーブルだと通常の脚の位置です。
この位置なら、多少の反りが出ても、反りが収まってきても、その影響は4本の脚に等分に波及しますから、
最も脚の高低差が出にくい配置です。また、私がテーブルを製作する際には、テーブルの脚裏に、キズ防止のための2mm厚のフエルトを貼ることにしているので、
長期間のうちにテーブルの状態にまた変化が出て脚の高さにたとえば0.5mm程度の差が出ても、このフエルトの部分で吸収してガタツキを防いでくれます。


d0169209_19314292.jpg
新しい脚位置に、現時点で高低差がないようにするため、4つの位置の上に高さの等しい角材を交互に載せて、

d0169209_19352057.jpg
前の角材の上の稜線と後ろの角材の上の線がピタリと重なるように

d0169209_19370935.jpg
天板裏の位置を荒いペーパー等で擦って微妙な高さを調整。

d0169209_19404311.jpg
そして再度、脚金物を取り付ける加工。

d0169209_19425558.jpg
使わなくなった前の加工穴は、同じビーチ材で蓋を作り、
d0169209_19450981.jpg
きれいに埋めて、手でさわってもわからない程度に均して、再度オイルで拭きあげる。
d0169209_19491290.jpg
最後に裏面全面に再度オイルフィニッシュ。

d0169209_19521748.jpg
脚を付けて立ててみて、ガタツキがないことを確認します。

d0169209_19550573.jpg
接地面のフエルトが、床にキズがつくことを防ぎ、また、床と脚裏との間に適度の滑りを与えることで、
テーブルを移動する際に天板と脚の接合部が傷むことを防ぎます。

ようやく完成。

d0169209_20020858.jpg
d0169209_20024916.jpg
d0169209_20023897.jpg

[PR]

# by kobo-tan | 2018-05-03 20:11 | 製作過程 | Comments(0)
2018年 04月 12日

レッグジョイント金物を使った丸テーブルの製作





900φの丸テーブルを作ります。
材はビーチ(ブナ)材。オイルフィニッシュ仕上げ。
今回は幕板なしで、レッグジョイントという金物で天板に直接脚を接着します。

d0169209_10422450.jpg
まず、ブナ材を33mm厚に削って910×910の正方形の接ぎ板を作ります。
それを、ルーターを使って丸く形を作るわけですが、このサイズで直に脚をつけるので、天板の反りを極力なくさなければ、
脚が垂直にならなかったり、ガタが出たりする。なので、この、丸くする加工の前の段階で、板接ぎ後数日放置して、天板としての反りを、
なるべく出させた後、1m定規を当てて平らの状態を見ながら、手鉋(かんな)で削り、補正しながら平らを出してゆく作業をやっています。

そして、ほぼこれでよし、となった時点で丸く加工します。

d0169209_10593218.jpg
特注の反り止め金物を嵌めこむための溝を天板裏の左右に掘ります。

d0169209_11053316.jpg
レッグジョイント金物の天板側受け座の加工。
2段階の円の彫り込み。
d0169209_11100610.jpg
型板を使ってトリマーの倣い加工で、
d0169209_11112179.jpg
2段階のマル溝を空ける。
d0169209_11125127.jpg
天板裏の彫り込み加工が終わったところ。

今度は脚側の加工です。
脚の天板にくっつく断面の部分に、9φの垂直の穴を空けなければならないのですが、
脚のような長い材の小口に垂直穴を空ける機械を持っていないので、
正確に垂直穴を空けるためのガイド冶具を作りました。

d0169209_11191001.jpg
これを使って垂直穴を空けます。これでかなり正確に行くはずです。
d0169209_11222661.jpg
うまくいきました。
d0169209_11232335.jpg
d0169209_11272028.jpg
金具を脚にしっかり固定するための補強ピンを差し込むための穴。
d0169209_11285350.jpg
締め付けネジを通すための掘りこみ。
d0169209_11301381.jpg
d0169209_11303074.jpg
金物とピンを差し込んでしっかり固定。
d0169209_11323393.jpg
うまくいくか確認。
天板側の金物にこの向きで差し込みます。
d0169209_11334433.jpg
締め付けネジを締めてゆきます。
d0169209_11344250.jpg
最後にギュッと締め付けて、
脚はがっちり天板に固定されました。

[PR]

# by kobo-tan | 2018-04-12 11:36 | 製作過程 | Comments(0)
2017年 08月 22日

ステンレスと木下地を合体



鎌倉S邸の巨大キッチンカウンタートップ。
ステンレスのハカタ産業さんと赤帽の中野さんの予定がやっと合い、
ステンレスと木下地を合体。
ハカタさんのステンレスも、私が作った木下地も、設計の森さんの図面に従って作ってはいるものの、
合わせるまでは、ピッタリ合うかどうかひやひや……

でもピッタリ合っていた。よかった。
今回2600mm四方のコの字型という大きさとともに、解放部分のエッジが「シカル曲げ」という、
7mmの厚みで2段折りになっているので、その薄いエッジ部分を支えるために、
下地の上側は5.5mm合板を、2mmのクリアランスを見て19mm出っぱらかした。
要するにかなり寸法的にシビアな代物だったので、そのエッジが2mmのすき間で、
ピッタリはまっていたのでほっとした。

さあ次は鎌倉長谷の現場搬入、しかも2階だ。

d0169209_16083987.jpg


[PR]

# by kobo-tan | 2017-08-22 16:09 | 製作過程 | Comments(0)
2017年 08月 15日

大竹伸朗という生き方


美術の方には疎くて、このひとの展覧会にも行ったことなくて、
恐ろしく膨大な作品群とも対面したことがないんだけど、
youtubeにある動画から、まずこのひとの人間性に触れて大好きになった。
自分の思いをとことんまで信じて、自分と心中してやるぞ、くらいの覚悟で、
毎日を生きてゆく。
いい。
すごくいい。



4年前にも大竹伸朗さんの記事書いていて、
なんか同じようなこと書いてんだけど。



大竹さんを見てるとなんか自由になった気がして、
人生楽しくなってくる。




[PR]

# by kobo-tan | 2017-08-15 13:32 | つぶやき | Comments(0)