人気ブログランキング |

つくりものがたり

kobotan.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 04日

osmoの白拭きとり塗装




シナ収納棚をまず解体。

d0169209_20365053.jpg


解体できるようにするためのカチット。

d0169209_20395222.jpg


塗装場を準備。

d0169209_20405586.jpg


塗料は、オスモウッドワックスオパークホワイト、品番3112.
塗りっぱなしの2回塗りで目つぶし塗装になる塗料だが、1回塗りの後すぐ拭きとって木目を残すファンシー仕上げが森さん仕様。
白の顔料が沈殿してオイル成分と分離しているので、撹拌して均一の状態にする。

d0169209_20423991.jpg


まずローラーで、塗装面に塗料を適量に塗布。

d0169209_20552997.jpg


次にウエスで均一に拭きのばしてゆく。ここがファンシー仕上げのポイント。
拭きのばし用、一次拭きとり用、二次拭きとり用、とウエスをうまく使って、最後は余分な塗料が残ってないように、
拭き上げ、磨き上げる。これが、この白塗装に限らず、オイルフィニッシュの基本。拭きあげ不足で余分な塗料が残ったまま乾いてしまうと、
ベタベタザラザラのどうしようもない仕上がりになってしまう。必ず、手で触ってツルツルサラサラになるまで拭きあげなければいけない。
余談だが、たまに現場塗装の塗装屋さんが入った現場に行くことがあり、まさにそのベタベタザラザラの仕上がりで引き渡しになろうとしている新築のお宅があって、
何も知らない施主さんはこれが普通なんだろうと思ってそのザラザラの面を訝りもしないんだろうなと気の毒になることがある。
ちがうんです。ツルツルサラサラがホントなんですよ。

d0169209_21181951.jpg


引き手のナラはクリアオイルフィニッシュなので、匂いのない「キヌカ」で仕上げ。

d0169209_21204995.jpg


拭きあげて均一に均していくのは、けっこう手に抵抗があって、これだけのパーツを塗装仕上げるのは楽な作業じゃない。
塗料が乾かないうちに拭きのばさなくてはならないので、テキパキと集中して一気にやる。

d0169209_21301962.jpg


やっと塗装完了。 しばし虚脱。

by kobo-tan | 2013-05-04 21:31 | 製作過程 | Comments(0)


<< シナ収納棚完成      シナの収納棚 designed... >>