つくりものがたり

kobotan.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 04日

ハンコックテーブル




板接ぎをやって表裏に2時間半カンナをかけ続けて疲れたので、
脚部分をつくって持ってきてくれた須籐君にもカンナがけを手伝ってもらう。

d0169209_19202479.jpg


d0169209_193698.jpg


長さを切って、

d0169209_19372347.jpg


脚をのっける。

d0169209_1938408.jpg


今回のコンセプトは、ニューヨークメトロポリタン美術館収蔵のシェーカー・ハンコックテーブルを復元する、というものなので、
板の厚みを、そのオリジナルの20mmに見せるために板裏のエッジにテーパーを切って削り込まなければならない。
電気ガンナでまず荒取りをした後、須籐君と二人で手ガンナをかけまくって調えた。
最終面は、手に優しくもっとも自然な2アールの坊主面。

d0169209_1949487.jpg


脚と天板裏をオイル塗装開始。

d0169209_1951477.jpg


今回、2本脚なので、最強の強度になるように脚裏も通しホゾにして楔を打ち込んである。

d0169209_19531821.jpg


天板に接合。

d0169209_19574424.jpg


オイル塗装1回目。


                                                            

by kobo-tan | 2013-07-04 19:59 | 製作過程 | Comments(0)


<< ハンコックテーブル ②      キッチン家具取り付け >>