つくりものがたり

kobotan.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 28日

無題








森麻季の日本の歌のCDの最後に「たんぽぽの歌」という曲が入っていて、このところ、工場でそのCDをよく
かけていたものだから、車を運転してるときなどにそのメロディーがふと頭に浮かんだりした。
フォスターの「金髪のジェニー」という曲で、それに新たに小山薫堂が歌詞をつけたのが「たんぽぽの歌」。
伴奏のピアノも上の「ジェニーへのオマージュ」を弾いている盲目のピアニスト、辻井伸行が弾いている。
間奏部分のアルペジオのなんと美しいことか。


家具の大作が仕上がったら写真を載せるだけでブログが書けるのだけど、イマイさんの大作はまだもう少し
かかり、途中に急ぎの仕事をいくつか細切れにやったけどわざわざお見せするほどのものでもなく、年末から
今年にかけて何冊か読んだ本のことなど書こうとも思ったけれど書き始めるとまた長くなりそうで、とりあえず
昨日の夜NHKの「クローズアップ現代」で放送された「いまを生きる言葉~詩人 吉野弘の世界」についてFB
に書いたことをこちらにも転載します。


クローズアップ現代「いまを生きる言葉~詩人 吉野弘の世界」


昨年亡くなられた吉野弘さんの詩が静かなブームなのだそうだ。
マスコミはすぐ「ブーム」と言いたがるけれど、吉野さんの詩はたぶん何十年も前からずーっと同じように、心ある人たちに読まれ続けてきたはずだ。
ご自分の言葉がきちんと「伝わる」ことにだれよりも心を砕いておられた詩人だから。
山田太一さんのことば、「電車で席を譲る少女の悩み、悲しさ、それもちゃんと詩になさっていて、自分も生活者なのだと、それをわすれて美に走ってはいけない、観念に走ってはいけない、というふうに思ってらっしゃったんではないか」

この度ご遺族が見つけられた吉野さんの若き日の「決意」
「他人の行為を軽々しく批判せぬことです。
自分の好悪の感情で、人を批判せぬことです。
善悪のいずれか一方に、その人を押しこめないことです。」

この最後の一行がぼくには心に沁みる。
みんながこのことを忘れないで生きていけたらどんなに…



読んだ本のこと、それについて考えたこと、また、吉野さんの詩のもっと細かいことについても書きたいとも思
うのですが、仕事のこと、経済のことに気が急き後ろ髪を引かれなかなか腰を落ち着けて書くということができ
ません。これから年度末でどんどん忙しくなりますし、またそうなってくれないと困るし、確定申告と納税もある。
イマイさんの大作が仕上がったら写真また載せます。

by kobo-tan | 2015-01-28 14:42 | つぶやき | Comments(0)


<< 在るものを愛すること      アイロンは使える >>