つくりものがたり

kobotan.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 12日

レッグジョイント金物を使った丸テーブルの製作





900φの丸テーブルを作ります。
材はビーチ(ブナ)材。オイルフィニッシュ仕上げ。
今回は幕板なしで、レッグジョイントという金物で天板に直接脚を接着します。

d0169209_10422450.jpg
まず、ブナ材を33mm厚に削って910×910の正方形の接ぎ板を作ります。
それを、ルーターを使って丸く形を作るわけですが、このサイズで直に脚をつけるので、天板の反りを極力なくさなければ、
脚が垂直にならなかったり、ガタが出たりする。なので、この、丸くする加工の前の段階で、板接ぎ後数日放置して、天板としての反りを、
なるべく出させた後、1m定規を当てて平らの状態を見ながら、手鉋(かんな)で削り、補正しながら平らを出してゆく作業をやっています。

そして、ほぼこれでよし、となった時点で丸く加工します。

d0169209_10593218.jpg
特注の反り止め金物を嵌めこむための溝を天板裏の左右に掘ります。

d0169209_11053316.jpg
レッグジョイント金物の天板側受け座の加工。
2段階の円の彫り込み。
d0169209_11100610.jpg
型板を使ってトリマーの倣い加工で、
d0169209_11112179.jpg
2段階のマル溝を空ける。
d0169209_11125127.jpg
天板裏の彫り込み加工が終わったところ。

今度は脚側の加工です。
脚の天板にくっつく断面の部分に、9φの垂直の穴を空けなければならないのですが、
脚のような長い材の小口に垂直穴を空ける機械を持っていないので、
正確に垂直穴を空けるためのガイド冶具を作りました。

d0169209_11191001.jpg
これを使って垂直穴を空けます。これでかなり正確に行くはずです。
d0169209_11222661.jpg
うまくいきました。
d0169209_11232335.jpg
d0169209_11272028.jpg
金具を脚にしっかり固定するための補強ピンを差し込むための穴。
d0169209_11285350.jpg
締め付けネジを通すための掘りこみ。
d0169209_11301381.jpg
d0169209_11303074.jpg
金物とピンを差し込んでしっかり固定。
d0169209_11323393.jpg
うまくいくか確認。
天板側の金物にこの向きで差し込みます。
d0169209_11334433.jpg
締め付けネジを締めてゆきます。
d0169209_11344250.jpg
最後にギュッと締め付けて、
脚はがっちり天板に固定されました。

[PR]

# by kobo-tan | 2018-04-12 11:36 | 製作過程 | Comments(0)
2017年 08月 22日

ステンレスと木下地を合体



鎌倉S邸の巨大キッチンカウンタートップ。
ステンレスのハカタ産業さんと赤帽の中野さんの予定がやっと合い、
ステンレスと木下地を合体。
ハカタさんのステンレスも、私が作った木下地も、設計の森さんの図面に従って作ってはいるものの、
合わせるまでは、ピッタリ合うかどうかひやひや……

でもピッタリ合っていた。よかった。
今回2600mm四方のコの字型という大きさとともに、解放部分のエッジが「シカル曲げ」という、
7mmの厚みで2段折りになっているので、その薄いエッジ部分を支えるために、
下地の上側は5.5mm合板を、2mmのクリアランスを見て19mm出っぱらかした。
要するにかなり寸法的にシビアな代物だったので、そのエッジが2mmのすき間で、
ピッタリはまっていたのでほっとした。

さあ次は鎌倉長谷の現場搬入、しかも2階だ。

d0169209_16083987.jpg


[PR]

# by kobo-tan | 2017-08-22 16:09 | 製作過程 | Comments(0)
2017年 08月 15日

大竹伸朗という生き方


美術の方には疎くて、このひとの展覧会にも行ったことなくて、
恐ろしく膨大な作品群とも対面したことがないんだけど、
youtubeにある動画から、まずこのひとの人間性に触れて大好きになった。
自分の思いをとことんまで信じて、自分と心中してやるぞ、くらいの覚悟で、
毎日を生きてゆく。
いい。
すごくいい。



4年前にも大竹伸朗さんの記事書いていて、
なんか同じようなこと書いてんだけど。



大竹さんを見てるとなんか自由になった気がして、
人生楽しくなってくる。




[PR]

# by kobo-tan | 2017-08-15 13:32 | つぶやき | Comments(0)
2017年 08月 14日

巨大なステンレストップの木下地をつくる

始まった鎌倉のS邸キッチン。
開始早々超難物の2600四方のコの字型ステンレストップ。その木下地を作る。
に作って入れておかないと2階キッチンに入らなくなってしまうからだ。

ステンレス先端を二段階に曲げて厚みを薄く見せる複雑な仕様。
設計士の図面読み解きから始め、施工図を描き、前後左右、3か所ある開口の寸法も何度も確認。
ステンレス屋さんにでき上がっているステンレス部分と食い違いが出ては目も当てられない。
この大きな、部分的に細い桟でしか繋がっていない物体をしっかり固めるには、ボンド接着プレスが必須。
本体を3っつのパーツに分けて芯組み、5.5mm合板を両面に糊付けプレス、その3パーツを1つずつ接続しては、
この建具用の小さなプレス機に、先端を支柱から出したりしながら入れてプレス。
だんだん重く動かなくなってくるのに耐えながら、それを4回に分けて行い全部をつなげた。
ほぼ一週間がかり。今の重さ約60kg。
プレスに入れるごとに汗だくになり、今日はTシャツ4枚替えた。

最初は出来るかどうか全く確信がなかったが、やりながら突破口が見えてきて、なんとかやりおおせた。
我ながら、全部一人でこの小さなプレスでよくやった。

これを平塚のステンレス屋に持っていくのに赤帽さんのトラック調達して、
さらにガラス屋のトラックの荷台にあるような立て掛けるための大きなジグを作らないと運べない
ステンレスと一体化すると約120kg。搬入経路は思い描いてはいるが、これを何人でどういう持ち方をして、
う2階に引き上げれば、所定の場所にたどり着くのか……
だまだ道半ば。


d0169209_15210067.jpg


[PR]

# by kobo-tan | 2017-08-14 15:23 | 製作例 | Comments(0)
2017年 08月 03日

4年越しの仕事

最初にお話しをもらったのは2013年の6月。
それからいろんなことがあって、やっと動き出したのが去年の6月。
足掛け4年とひと月かけて逗子のお宅のリフォームが完成した。

d0169209_18093066.jpg
d0169209_18110066.jpg
せまい廊下にこの大きな折れ戸が使いづらいということで、
折れ戸一枚を撤去し、他の折れ戸を裏にスチールプレートを取り付けて折れ戸でなく引戸に変え、
撤去した一枚分のスペースを区切って棚板収納にし、プッシュオープンの扉を付けた。

d0169209_18174663.jpg
d0169209_18231245.jpg
d0169209_18241263.jpg
d0169209_18244159.jpg
ヒンジにハ―フェレのプッシュオープンヒンジを使っているので、扉の真中あたりを押すとびよーんと開く。
なんせ通路が狭く、大きな扉が撮りづらく、開いたところは撮りそびれてしまった。


メインはこちらの大きなリビングの壁面。
d0169209_18410913.jpg

もとはここもこんな大きな、しかもなんだか図書館みたいなツキ板の折れ戸だった。
それをTVボードの焦げ茶色に合わせた、濃い色の飾棚収納にしたいということで…
d0169209_19403457.jpg
三面図ではなかなかイメージが伝わらないようなので、最後は頑張ってこんなパース図も描いて、
やっと施主さんのイメージ通りの形に到達して作ることができた。
d0169209_18460485.jpg
ウォ―ルナットの突き板で作り前小口は無垢材、塗装はオスモのウッドワックスオパークの黒拭取り仕上げ。

d0169209_19210287.jpg
d0169209_18521043.jpg
こっちから見ると以前はこうだったのが、

d0169209_18535184.jpeg
こんなふうになった。

d0169209_18574083.jpg
エアコンルーバーはタテ格子が37本。通風がよいように裏の方は大きく斜めに面を取ってあります。
タモの無塗装。ビスも釘も使わず接着剤のみで組んでいます。
d0169209_19055685.jpg
抽斗の取っ手には、家具デザイナー・小泉誠さんデザインの黒革の取っ手。
d0169209_19104100.jpg

[PR]

# by kobo-tan | 2017-08-03 19:14 | 製作例 | Comments(0)